カテゴリ:新工マイスタープロジェクト

インターンシップ発表会(情報電子科2年)

 2月21日(木)、4~6時間目に情報電子科2年生によるインターンシップ発表会が実施されました。
 情報電子科1年生を対象に発表を行い、2年生は自分たちがインターンシップで体験した内容や1年生にインターンシップ先を選ぶ上でのアドバイスなどをプレゼンで発表を行いました。人前に出て発表することに慣れていない生徒もいましたが、精一杯1年生に伝える努力をしていました。1年生には来年度のインターンシップに向けて考える良い機会となったと感じます。

出前授業(電気科)

2月15日(金)に電気科2年生を対象に次世代自動車トキメキ出前授業が日本工科大学校によって実施されました。
 学校紹介をはじめ電気自動車や水素燃料電池自動車などの講義、電気自動車の試乗体験などを行いました。また、昨年度の本校卒業生からのメッセージもあり、これからの進路選択に向けて貴重な体験となりました。

マッチングフェア(午後の部)

 マッチングフェアの午後の部は、午前の部と異なる参加企業25社様の紹介後、本校の卒業生2名による講話がありました。
 講話は、登尾鉄工株式会社 井上 将太 様(機械科卒)、株式会社リブドゥコーポレーション 伊藤 洸弥 様(環境化学科卒)の2名により行われました。学生時代の思い出や会社での仕事内容などをプレゼンテーションを用い詳しく説明していただきました。
 その後、午前中と異なる企業25社によるマッチングフェアが、各HR教室・特別教室で行われました。
 マッチングフェアに御協力いただいた事業所は、以下のとおりです。
【午前の部】
 住友重機械プロセス機器㈱、㈲片上工務店、丸重商事㈱、東亜工業㈱西条事業所、ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング㈱西条工場、梅錦山川㈱、ワタキューセイモア㈱四国支店、登尾鉄工㈱、㈱遠藤組、四国段ボール㈱、㈱マルヤス、住友重機械搬送システム㈱、四国竹林塗装工業㈱、㈲エナジー安田、丸住製紙㈱、福助工業㈱、㈲タカヨシ工業所、㈲松川工業、瞳スチールワークス㈱、津島電工㈱、泉製紙㈱、㈱スイヨー、㈲柳原鉄工所、㈱曙エンジニアリング、渦潮電機㈱
【午後の部】
 ㈱よしだ、一宮運輸㈱四国支社、㈱Life-do.Plus四国中央工場、㈱トーヨ、㈱ココロココ、㈱大亀製作所、小野電業㈱、㈱田口工業所、黎明機械科技㈱、加賀工業㈱、㈱吉忠運輸機工、㈱フジデリカ、㈲プランテック、㈱近藤工作所、㈱伸和自動車、㈱真輝電設、水ing㈱中四国支店、住友重機械ハイマテックス㈱、㈱菱進テック、三星道路㈱、㈱カンセツ、㈱オーブン、㈱東新製作所、㈱藤田製作所、㈱萩尾鉄工所


【参加企業紹介、卒業名2名の講話】

【午後の部のマッチングフェア】

マッチングフェア(午前の部)

 本校で、午前の部と午後の部に分かれ、マッチングフェアが行われました。
 マッチングフェアは、「ミスマッチによる早期離職防止を図るため、企業や卒業生から直接説明を受けることで、職業や仕事内容、勤務形態等について正しく理解する。」ことを目的に実施しています。
 午前の部は、午前の部の参加企業様の紹介後、新居浜市ものづくり産業振興センター センター長 三浦 清孝 様より、「新居浜のものづくり産業について」と題して、ご講演がありました。講演では、新居浜市のものづくりについて、新居浜市の概要、新居浜ものづくり産業の歴史・現状・課題と対策について、お話がありました。生徒達は、新居浜のものづくりの状況がよく理解できたと思います。その後、参加企業25社によるマッチングフェアが、各HR教室・特別教室で行われました。
【参加企業紹介、講演】

【各企業によるマッチングフェア:午前の部】

平成30年度後期技能検定3級電気機器組立て(シーケンス制御作業)実施

 平成31年2月9日土曜日、本校にて平成30年度後期技能検定実技試験電気機器組立て(シーケンス制御作業)が実施されました。今年度は情報電子科2年生が3名、1年生が4名が3級技能検定に挑戦しました。熟練技能者の松原電気保安管理事務所松原弘明様より5回にわたる実技講習会を実施していただき、匠の技に触れ、技の伝承に努めました。また、11月下旬より地道に補習に励みこの日を迎えました。人事は尽くしましたので天命を待ちたいと思います。

企業見学(環境化学科1年)

 2月8日(金)に、環境化学科1年生が、丸住製紙(株)と福助工業(株)本社工場を見学しました。
 丸住製紙(株)では紙を造る工程、福助工業(株)ではビニール袋や紙袋・印刷工程を見学しました。製造設備や製造工程を熱心に見学することができました。

企業見学(情報電子科1年)

 平成31年2月5日火曜日、情報電子科1年生が、西岡グループ(株式会社西岡鉄工、西機電装株式会社)を企業見学しました。
 両社の社長である西岡圭様より直接私たちに企業説明や質疑応答、そしてこれからものづくりに携わる私たちに示唆に富むお話をしていただき感銘を受けました。企業見学では、人の手を介さずに、自動倉庫から材料が運ばれ、タレパンレーザー複合機と呼ばれる金属薄板加工機で材料が加工され、再び自動倉庫の所定の位置に加工した部材が運ばれる自動化制御の実際を見ることができ、非常に好奇心をくすぐられました。  今回の企業見学を今後の学校生活に生かしたいと思います。西岡グループの皆様ありがとうございました。

登道ボランティア(情報電子部)

 2月3日(日)に登道商店街で開催された「百縁笑店街&さんさん産直市」において、小学生以下の子供たち対象にものづくり工作教室が実施されました。その講師として、情報電子部の生徒5名がお手伝いをさせていただき、電子草笛の製作やプラスチック板キーホルダー作りについて、子どもたちの目線に立ち優しく指導することができました。参加した子供たちや保護者の皆さんに大変喜んでいただき、ものづくりの楽しさを知っていただけたと感じます。生徒たちも多くの方々とコミュニケーションを図ることができ良い体験となりました。

課題研究発表会(環境化学科)

1月22日(火)、2~4時間目に環境化学科の課題研究発表会が実施されました。
 発表は、タブレットPCを用い、タブレット操作(デジタイザペン・タッチ操作)する方法で実施されました。生徒は、ツール上のレーザポインタや動画を駆使して発表し、実物の作品を紹介する場面もありました。

課題研究発表会(電気科)

1月17日(木曜日)電気科3年生による課題研究発表会が実施されました。
 発表テーマは「ソーラーカーの製作」「これからの日本で一番適している発電方法について考える」「行灯の制作~あかりのおもてなし~」「バッテリーカーの製作」「非接触磁界共鳴方式によるワイヤレス電力伝送の研究」「赤外線通信の研究」「マイクロロボコンの制作」「自動回転式バームクーヘン作成機の製作」でした。各班とも研究や製作した成果を1・2年生に対し分かりやすく発表していました。