カテゴリ:学校行事

進路体験発表会

23日(水)の7時限目に、3年が進路決定において経験した内容を後輩に伝える進路体験発表会を実施しました。
 3年生は、後輩の皆さんが理解しやすいようにと、事前に内容を準備してくれていていました。1,2年生は、先輩の経験を来年度以降に生かすために、質問をしたりメモを取ったりしていました。一次試験で不合格になったという3年生は「不採用になって初めて自分の力不足を実感した。その後の気持ちの切り替えに時間がかかる。後悔しないように今のうちに努力しましょう」と下級生にアドバイスしていた。3年生の皆さん、後輩のためにありがとう!有終の美を飾りましょう!

第3学期始業式

 本日より第3学期が始まりました。
 始業式では、校長より、「今年一年の目標」の大切さについてお話がありました。20年間ヒッチハイクで日本一周をしている自称「旅人」の方の学び・気付きの5つの言葉の紹介がありました。そして、3学期が「校門が笑っている学校」において、「心の石」が磨かれ、光り輝く、素晴らしい、仕上げの学期となることを期待した式辞がありました。
 また、始業式に先立ち、第14回高校生ロボットアメリカンフットボール愛媛県大会、第14回昭和シェル石油環境フォト・コンテスト、平成30年度校内読書感想文コンクール、平成30年全国地域安全運動統一標語、平成30年度全国暴力追放運動暴力排除標語の伝達表彰が行われました。 その後、ジャパンマイコンカーラリー2019全国大会に出場する電子機械部の壮行会が行われました。

第二学期終業式

 本日は、SHR・大掃除の後、体育館で終業式が行われました。終業式終了後には、生徒課長より冬休みの生活に関する諸注意を受け、各教室に戻り、ホームルーム活動が行われました。
 終業式では、校長より、今学期を振り返って生徒が努力し成果をあげた内容、「自反尽己」の紹介で「人のせいにしない。言い訳をしない。自分の成長のために、自分を反省し、気付き、学び蓄えていく。このような生き方が、自分の成長につながる。」という、お話がありました。また、本館入り口に貼ってある新居浜工業高校のPRポスター「ものづくりの未来が見える」について紹介されました。

非行防止教室

 本日、10時45分より、本校体育館で「平成30年度非行防止教室」が行われ、新居浜警察署 生活安全課 の先生を招き、ご講演をいただきました。講演では、少年非行の現状、スマートフォンの普及によるSNS関連トラブル、薬物乱用の恐ろしさなどのお話いただき、身の回りにいろいろな犯罪の危険性があることが分かりました。特に、何気なく利用している携帯電話・スマートフォンについては、十分に気をつけなければならないことを再認識しました。ご講演の内容を肝に銘じ、規律ある生活を心がけたいと思います。

グループマッチ

 グループマッチが、ドッジボール、バスケットボール、卓球の3種目に分かれて実施されました。雨の影響で、サッカーは、ドッジボール変更され実施されました。ドッジボールとバスケットボールはトーナメント形式で、卓球は総当たりで試合を行いました。各種目の学年別優勝は、ドッジボールー(1年:電気科、2年:電気科、3年:電気科)、バスケットボール(1年:機械科、2年:機械科、3年:環境化学科)、卓球(1年:機械科、2年:電気科、3年:機械科)でした。その結果、平成30年度グループマッチの総合優勝は、電気科となりました。本日のグループマッチは、寒い中でも生徒たちは元気に活動し、体も心も鍛える学校行事となりました。

非常変災訓練

 学校において万一火災・地震などが発生した場合、これに伴う人的・物的被害を最小限にとどめることを目的に非常変災訓練が午後の時間帯に実施されました。避難訓練は、全校生徒がグラウンドに集合しました。その後、高層階からの避難訓練・初期消火訓練を行いました。

鹿森ウォーク

 長距離を歩くことにより、体力・精神力を養い、協力や挑戦することの大切さ、歩けることの喜びや自然の雄大さを知ることを目的として鹿森ウォークが実施されました。学校から立川自治会館を経由し学校に帰る行程で、参加者全員が完歩できました。生徒たちは、友だちと励まし合い、和気あいあいと最後まで歩き続けることができました。

主権者教育講演会

 12月11日(火)体育館で主権者教育講演会が行われました。
 NPO法人NEXT CONEXION代表の越智大貴さんをお招きして、「シティズンシップ(主権者意識)を育むトレーニング講座」という演題でご講演頂きました。選挙年齢が18歳に引き下げられ高校生も有権者となりましたが、「政治」といってもどこか難しくて自分とは関係ない世界のように感じてしまいます。今日のお話はそういった主権者としてのネガティブなイメージを変えてくれるきっかけを作ってくれました。「世界」や「国」といった大きなものではなく、自分がいま生きている身近なよのなかから考えていくことが主権者意識を育むうえで大切なことなのだと教えて頂きました。まずは「クラス」や「学校」などの身近なものをより良くすることを考え、その思いを話し合い、実行に移す。そうしたほんとうの経験によって自分自身の主権者意識を育てていってもらえればと思います。

後期生徒総会

 本日、放課後に体育館で生徒総会が行われました。
 生徒総会は、①定員確認、②開会宣言、③議長選出、④生徒会会則の変更、⑤前期活動報告、⑥後期生徒会執行委員会承認及び後期活動方針の順に実施されました。

生徒会役員選挙立会演説、選挙

 本日、生徒会役員選挙立会演説、選挙が行われました。
 出席生徒の人数確認後、立候補者の紹介が行われ、応援演説および立候補者の演説が実施されました。選挙管理委員より注意事項の説明があり、その後、各ホームルーム教室で投票が行われました。