カテゴリ:学校行事

離任式

 本日は、本校を転退職される教職員の離任式がありました。離任式では、転退職される教職員お一人お一人から、生徒及び卒業生へ、心のこもった言葉がありました。また、生徒代表あいさつでは、生徒会長から転退職される教職員の方々へ、感謝の言葉がありました。

第3学期終業式

 本日、終業式並びに表彰伝達・壮行会が実施されました。
 終業式では、学習成績優秀賞・1か年皆勤賞の賞状授与がありました。校長より、新年度に向けて、さらなる成長を期待する式辞がありました。 表彰伝達では、人権作文、漢字テストの表彰がありました。

グループマッチ

 3月18日、19日の2日間グループマッチが行われました。初日は晴天で、ハンドボール、バドミントン、バレーボールの種目でグループマッチが行われました。二日目は、雨天のため、ハンドボールを卓球競技に変更して実施されました。本年度、最後のグループマッチで、生徒たちは、元気いっぱい各種目の競技に参加していました。競技の結果は、ハンドボール・卓球(1年機械科、2年環境化学科)、バドミントン(1年機械科、2年電気科)、バレーボール(1年情報電子科、2年電気科)が優勝でした。

第67回卒業証書授与式

 第67回卒業証書授与式が行われ、厳粛な雰囲気のもと183名の卒業生が校長先生から卒業証書を授与されました。式終了後には各ホームルームに入り、最後のホームルーム活動を行いました。新工で学んだことを忘れずに、新しい生活のスタートを切ってくれることを願っています。3年間温かい目で見守っていただいた保護者の皆様、お子様の御卒業おめでとうございます。これまで、本校の教育活動に御理解と御協力をいただき、ありがとうございました。
卒業証書授与

賞状授与

校長式辞、愛媛県知事祝辞、来賓祝辞、来賓紹介

在校生代表送辞、卒業生代表答辞

校歌斉唱

卒業生退場

卒業式前日行事

 本日は3年生が登校し、同窓会入会式、3年生表彰伝達式、校歌指導、卒業式予行、卒業式前日表彰式が行われました。明日は、卒業式です。開式は10時です。保護者の皆様におかれましては、余裕を持ってお越しくいただくようお願いいたします。
 卒業式前日表彰式は、①本学年学習成績優秀賞②1か年皆勤賞③愛媛県高等学校体育連盟体育功労賞④愛媛県高等学校文化連盟文化功労賞⑤ジュニアマイスター顕彰生徒特別表彰⑥ジュニアマイスター顕彰ゴールド・シルバー⑦全国電子機械教育研究会会長賞⑧全国電子工業教育研究会会長賞⑨全国情報技術教育研究会会長賞⑩日本工業化学教育研究会会長賞⑪日本化学会中国四国支部支部長賞 の表彰が校長より行われました。
卒業式前日表彰

同窓会入会式

3年登校日(租税教室)

2月20日は3年生の登校日でした。
 SHRの後、体育館で租税教室を受講しました。講座では、税理士 加納 榮一 様より「租税の意義と税理士の役割」と題して、プリントを準備していただき内容について、分かりやすく説明していただきました。講演の後、身だしなみ指導・ホームルーム活動を行いました。放課後には、卒業式(前日も含む)各賞受賞者・代表者等の礼法指導が行われ、卒業式に向け着々と準備が整っています。

3年生登校日(年金セミナー)

2月13日は3年生の登校日でした。
 全校集会の後、武道場で年金セミナーを受講しました。講座では、日本年金機構 新居浜年金事務所 副所長 大和田 誠二 様 南部 将史 様より、年金のしくみなど冊子の内容について、分かりやすく説明していただきました。

3年生登校日(労働セミナー)

2月5日は3年生の登校日でした。
 ショートホームルーム後、武道場で労働セミナーを受講しました。講座では、新居浜地区労働者福祉協議会 会長 草薙 親浩 様の講師紹介で始まり、連合愛媛東予地域協議会 事務局長 矢野 忠徳 様より「新社会人のための労働セミナー」と題して、冊子の内容について実例などを交えて、分かりやすく説明していただきました。

選択科目説明会

平成31年1月30日(水)7限目、1年生対象に2年次選択科目説明会が実施されました。
 本校では、2年次に地歴公民は日本史Aか地理Aのいずれかの選択、そして数学Aと英語表現Ⅰは各科専門科目との選択授業が将来の進路選択を見据え用意されています。3年次にも選択授業は継続されますが、数学Aは数学Bに科目が変更されます。生徒は、将来の進路に思いを巡らせ、科目説明をしていただいた先生の話に耳を傾けていました。なお、選択科目希望調査用紙の提出締切は2月8日(金)です。

 

進路体験発表会

23日(水)の7時限目に、3年が進路決定において経験した内容を後輩に伝える進路体験発表会を実施しました。
 3年生は、後輩の皆さんが理解しやすいようにと、事前に内容を準備してくれていていました。1,2年生は、先輩の経験を来年度以降に生かすために、質問をしたりメモを取ったりしていました。一次試験で不合格になったという3年生は「不採用になって初めて自分の力不足を実感した。その後の気持ちの切り替えに時間がかかる。後悔しないように今のうちに努力しましょう」と下級生にアドバイスしていた。3年生の皆さん、後輩のためにありがとう!有終の美を飾りましょう!