カテゴリ:諸活動、その他

生徒会任命式

 12月20日(木)校長室にて生徒会任命式が行われました。
 任命証の授与を生徒会長、副会長の順で行われました。最後に校長先生から新役員に対して激励の言葉、旧役員に対してねぎらいの言葉をかけました。

アオノリュウゼツラン

 7月から8月にかけて、本校体育館北側で花を咲かせていたアオノリュウゼツランの状況を報告します。
 花の部分は枯れていますが、まだ、茎の部分はしっかりと立っています。しかし、葉の部分が少し枯れはじめていました。

高文祭開会式閉会あいさつ

 11/16(金)愛媛県高等学校総合文化祭の総合開会式が、ひめぎんホールメインホールにて開催されました。
 電気科3年紙本立暉(りつき)君は、その閉会のことばを担当し、約2,000人のお客様の前で堂々と1分間のスピーチを行いました。当日は、手話通訳との合わせ練習をこなしながら、ステージ上の多くの人たちの演出の中、緊張を全く感じさせない、落ち着いた立ち振る舞いで観客を魅了し、大きな拍手をいただきました。

新工祭のご案内、新工祭準備

新工祭のご案内
 10月27日(土)に「平成最後の新工祭」のテーマで新工祭(文化祭)を開催いたします。つきましては、御多用の折とは存じますが、ご来校を賜り、生徒たちの日頃の成果を御覧いただきますよう御案内申し上げます。
 なお、保護者の皆様で、自家用車で来られる方は、西門(校内案内図参照)から入り、運動場に駐車して下さい。
新工祭の日程
  9:40~ 9:45 開会式
 10:00~10:40 芸術鑑賞会「浜っ鼓★弾★DAN」による演舞
 10:40~14:00 展示・献血
 11:00~14:00 模擬店
 14:10~14:20 閉会式 
 

人権・同和教育ホームルーム活動 校内研究授業

 10月24日(水)に、「人権・同和教育ホームルーム活動 校内研究授業」が行われました。
 1年生(情報電子科)は 「差別の現実に学ぶ」というテーマで、江口いとさんの詩「招かれなかったお誕生会」「人の値打ち」をとおして、身近にある人権侵害やいじめの解消に向けて、班ごとに話し合いをおこないました。2年生(機械科)は「平等な社会をめざして」というテーマで、水平社を創立した青年たちの思いと水平社を取り巻く当時の社会情勢について学習し、水平社創立の精神をどのように受け継いでいくかについて皆で考えました。3年生(機械科)の「部落差別の解消をめざして」では、結婚差別の問題を自分の生き方に結び付けて考えさせるホームルームでした。生徒一人一人が、人権の確立された社会の実現に向けて自分の生き方を見つめることができました。研究授業の後に行われた「授業研究会」では、授業をされた担任の先生と参観した先生方とで研究授業の成果と課題について話し合いました。

彼岸桜

 東門付近にあるヒガンザクラが咲き始めました。開花は10月9日です。日本には、園芸品種を含めて数百種類の桜があるそうですが、この桜は、白色で八重の花を咲かせています。まだまだ咲き始めですが、これから花の数が増えていくのが楽しみです。

献血講演

10月27日(土)の新工祭では献血を実施します。
 本日は愛媛県赤十字血液センターの方にご来校いただき、献血の大切さについてお話していただきました。DVDを見せていただき、実際に輸血を受けた方の話を聞くことで、献血に協力をすることで助かる命があることを実感しました。輸血を必要としている人は1日に約3000人いるそうです。献血は命をつなぐボランティア。みなさんのご協力をよろしくお願いします。

新工祭事前衛生講習会

10月4日(木):西条保健所より、講師の先生方に御来校いただき、新工祭事前衛生講習会を実施しました。講習会には、各団体の担当教員や代表生徒が出席し、食品を扱う際の注意点や工夫点等を教えていただきました。また実際に手についている菌を測定し、手洗いをすることでどれだけ菌が少なるかを数値で見ることができ、手洗いの大切さを実感しました。教えていただいたことを生かして、安心安全で楽しい新工祭になるようにしたいと思います。

アオノリュウゼツラン④

いよいよ最上段の部分が満開になってきました。一か月にわたり咲き続けたこの植物の花も、夏の終わりとともに終盤を迎えようとしています。8月9日付けの愛媛新聞でも紹介していただきました。