カテゴリ:工業科活動

ミニ相撲ロボット大会(電子機械科)

 電子機械科の1年生は、工業技術基礎という授業で、1年間かけて製作した相撲ロボットを使って、ミニ相撲ロボット大会を行っています。今年度は、2月12日に個人戦、2月19日に団体戦を行いました。このロボットはシャーシから基板に至るまで、生徒が自ら製作したものです。生徒たち自ら製作しているので、大変盛り上がります。みんな優勝を目指しセンサーの調整やモーターの出力など調整して大会に臨んでいます。個人戦では個々の力を発揮して戦い、団体戦では個人戦の経験を生かしながら、チームワークで戦います。みんな勝っても負けても楽しく大会に望んでいました。

エネルギー教育に係わる学習会

 電気科3年生19名が11月15日(木)に茨城県にある核燃料サイクル工学研究所、原子力科学館に見学に行きました。
 核燃料サイクル工学研究所では放射性廃棄物の地層処分などについて説明をうけて理解を深めました。原子力科学館では原子力発電所の仕組みを学びました。生徒は興味をもって見学をしていました。

研究授業(情報技術基礎)

 本日、3時間目に環境化学科1年生において、高橋先生による「情報技術基礎」の授業が行われました。
 ICT機器を使用した授業展開で、生徒たちはBASICによるプログラミング学習に熱心に取り組みました。

新居浜特別支援学校 文化祭

11月3日、新居浜特別支援学校の文化祭に電気科で製作したキャラクター号の運行を行いました。生徒、地域の子供など多くの子供たちに乗っていただき、楽しんでいただきました。

研究授業

  平成30年11月2日(金)情報電子科2年生の専門教科「プログラミング技術」において、「プログラミング技術の応用」の研究授業が行われました。生徒たちは実際にカードを並び替えたり、タブレット等のICT機器を利用した授業に意欲的に取り組んでいました。

エネルギー教育に係る学習会

 電気科3年生12名が11月1日(月)近畿大学原子力研究所、2日(火)関西電力堺港発電所に見学に行きました。近畿大学原子力研究所では原子力発電の仕組みや発電以外の利用方法などについて説明をうけて理解を深めました。関西電力堺港発電所では火力発電所の仕組みを学びました。生徒は興味をもって見学をしていました。

卒業生講話(電子機械科)

6月6日(水)、H29.3月に本学科を卒業したJFEスチール株式会社西日本製鉄所福山地区にお勤めの近藤翔太さんに講演していただきました。参加した電子機械科2・3年生は先輩の体験談を熱心に聴いていました。