カテゴリ:新工マイスタープロジェクト

若宮地区文化祭【情報電子部】

 11月16日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭の体験ワークショップに引き続き、11月17日(日)、生涯学習センター若宮学習館(旧若宮小学校)で開催された「令和元年度 若宮地区文化祭」に情報電子部が参加しました。
 「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」と「情報電子科・情報電子部製作作品展示」を行いました。子どもたちや地域の方々に本校情報電子科・情報電子部について知っていただくとともに、作品を見て触って、作っていただき楽しんでいただけたと感じております。本校生徒は、前日の東予ものづくり祭の体験ワークショップでの反省点や改善点を活かし、今回の活動に望みました。幅広い年代の方々とコミュニケーションを図り、子どもたちに楽しんでもらえるよう説明や体験方法を変え、臨機応変に対応し一生懸命活動を行っていたと感じます。高校生自身が未来を担う子どもたちに『ものづくりの輪』を広げる活動を行うことができ、校内だけでは体験することのできない『学び』を実感してくれたと思います。今後もものづくり活動を通し、少しでも多くの方々に喜んでいただけれるよう頑張っていきます。


東予ものづくり祭2019 in イオンモール新居浜【情報電子部・環境化学部】

 11月16日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭2019の体験ワークショップに、昨年度に引き続き、情報電子部と環境化学部が参加しました。
 情報電子部では「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」の3つを行い、環境化学部では「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」を行いました。情報電子部の「レゴカー操作体験」では、2台の車型ロボットで相撲を行い、その場で初めて出会った子どもたち同士で対決するなど、コミュニケーションを図る手段として用いることができ、多くの子どもたちが白熱した対決を繰り広げていました。
 環境化学部の「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」では、子どもだけではなく多くの保護者の方にも体験していただき、環境問題やecoについて少しでも身近に考えていただけたと感じます。どの活動も多くの子どもはもちろんのこと、保護者の方々にも楽しんでいただけたと感じます。今回の活動で、ものづくりの楽しさを多くの方に伝えることができ、有意義な体験となりました。
 本校生徒たちも多くの方々とコミュニケーションを図り、子どもの目線に立ち説明や活動を行うことで、良い経験が出来たと感じております。ありがとうございました。また、16日(土)、17日(日)の両日とも、イオンモール新居浜のセンターコートにおきまして、機械科、電子機械科、電気科、環境化学科のものづくり展示を行いました。それぞれの特色を生かしたものづくり展示となり、多くの方に足を止めていただきました。本校のものづくりに対する取り組みを知っていただけたと感じます。




インターンシップ実施報告02

 11月5日(火)~14(木)のうち8日間を利用して、本校の2年生が、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施させていただきました。
 各事業の皆様には、8日間お忙しい中、新居浜工業高校生のために貴重なお時間を割き、インターンシップにご協力していただき、ありがとうございました。生徒たちから、実のあるインターンシップであったとの報告がありました。この後、各科でインターンシップの発表会が予定されております。


企業見学【環境化学科1年生】

 11月8日(金)環境化学科1年生が四国電力株式会社西条発電所と松山太陽光発電所に見学に行きました。
 西条発電所では、石炭を使用した火力発電についての仕組みや、火力発電が環境に与える影響と環境に配慮した木質バイオマスが使用されていることを学び、2号機ボイラーを見学しました。 松山太陽光発電所では、太陽光発電の魅力や課題を学び、実際の太陽光パネルを間近で見たり、触ったりしました。 私たちの生活に必要不可欠なエネルギーですが、それを生み出すことによる環境への影響もあります。持続可能な社会を企業努力で実現しようとされている姿を目の当たりにし、我々も個人レベルで心掛けたいと感じました。さらに、学校での学習活動の必要性を感じることもできました。

インターンシップ実施報告01

 本校の2年生が11月5日(火)より、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施しています。
 今日で4日目です。この間の状況を写真で報告いたします。各事業所の皆様には、お忙しい中、新居浜工業の生徒のために貴重なお時間を割き、インターンシップに協力していただき、ありがとうございます。

明日新居浜特支の文化祭で乗車できます

 電気科3年の課題研究では、明日新居浜特別支援学校の文化祭において子どもたちに乗車してもらうバッテリーカーの試運転をしています。バッテリーや連結部などの点検も終了し、運転技術も完璧です。新居浜特支のみなさん、明日を楽しみにしてください。

インターンシップ直前指導

 11月5日(火)~14日(木)の土日を除く8日間実施するインターンシップの直前指導が4限目に実施されました。
 直前指導では、インターンシップ実施についての再確認や諸注意のあと、事業所別に分かれて、担当の先生方から説明がありました。その後、生徒たちは事前打合せや御挨拶をするため、各事業所へ向かいました。各事業所様には、8日間という長い期間になりますが、生徒たちのために、御協力をよろしくお願いします。

環境化学科デュアル・システム「教材開発までの道のり③」

 「ゼラチンが固まるまでの時間が冷蔵庫では1時間半かかってしまうが、30分以内に固めるための方策があるのか」を実験で試したところ、ありました!これまではゼラチン濃度を2%で実施したのでしたが4%と6%に高めてみました。そしてさらに冷蔵庫で冷やしていたのを氷の上で冷やす方法に変更。すると、4%では20分で、6%では10分で固まりました。これで、なんとか2時間という限られた出前授業内に結果を導き出せる実験ができそうです。出前授業の内容については今後お知らせしていきます。

企業見学(電子機械科1年)

 10月29日、電子機械科1年生が萩尾機械工業㈱、㈱愛新鉄工所、㈱西岡鉄工所、㈱曽我部鐵工所を見学しました。
 授業で学習した工作機械で実際に製品が加工されているのを見ることができました。また、たくさんの質問にも対応していただき、生徒たちも興味を持って積極的に参加することができ、有意義な時間となりました。

環境化学科デュアル・システム「教材開発までの道のり②」

 10月28日は、中学校で実施する出前授業の予備実験を実施しました。
 実施したところ、時間内に結果が出ないことが判明し、そのための対策を考えました。次の日に学校の課題研究で、その対策となる実験を実施します。うまくいけばいいのですが・・・・。内容は、「ゼラチンが固まるまでの時間が冷蔵庫では1時間半かかってしまうが、30分以内に固めるための方策です。」何か妙案がある方は環境化学科までご連絡ください。