平成31年度 新工日記

若宮地区文化祭【情報電子部】

 11月16日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭の体験ワークショップに引き続き、11月17日(日)、生涯学習センター若宮学習館(旧若宮小学校)で開催された「令和元年度 若宮地区文化祭」に情報電子部が参加しました。
 「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」と「情報電子科・情報電子部製作作品展示」を行いました。子どもたちや地域の方々に本校情報電子科・情報電子部について知っていただくとともに、作品を見て触って、作っていただき楽しんでいただけたと感じております。本校生徒は、前日の東予ものづくり祭の体験ワークショップでの反省点や改善点を活かし、今回の活動に望みました。幅広い年代の方々とコミュニケーションを図り、子どもたちに楽しんでもらえるよう説明や体験方法を変え、臨機応変に対応し一生懸命活動を行っていたと感じます。高校生自身が未来を担う子どもたちに『ものづくりの輪』を広げる活動を行うことができ、校内だけでは体験することのできない『学び』を実感してくれたと思います。今後もものづくり活動を通し、少しでも多くの方々に喜んでいただけれるよう頑張っていきます。


東予ものづくり祭2019 in イオンモール新居浜【情報電子部・環境化学部】

 11月16日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭2019の体験ワークショップに、昨年度に引き続き、情報電子部と環境化学部が参加しました。
 情報電子部では「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」の3つを行い、環境化学部では「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」を行いました。情報電子部の「レゴカー操作体験」では、2台の車型ロボットで相撲を行い、その場で初めて出会った子どもたち同士で対決するなど、コミュニケーションを図る手段として用いることができ、多くの子どもたちが白熱した対決を繰り広げていました。
 環境化学部の「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」では、子どもだけではなく多くの保護者の方にも体験していただき、環境問題やecoについて少しでも身近に考えていただけたと感じます。どの活動も多くの子どもはもちろんのこと、保護者の方々にも楽しんでいただけたと感じます。今回の活動で、ものづくりの楽しさを多くの方に伝えることができ、有意義な体験となりました。
 本校生徒たちも多くの方々とコミュニケーションを図り、子どもの目線に立ち説明や活動を行うことで、良い経験が出来たと感じております。ありがとうございました。また、16日(土)、17日(日)の両日とも、イオンモール新居浜のセンターコートにおきまして、機械科、電子機械科、電気科、環境化学科のものづくり展示を行いました。それぞれの特色を生かしたものづくり展示となり、多くの方に足を止めていただきました。本校のものづくりに対する取り組みを知っていただけたと感じます。




インターンシップ実施報告02

 11月5日(火)~14(木)のうち8日間を利用して、本校の2年生が、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施させていただきました。
 各事業の皆様には、8日間お忙しい中、新居浜工業高校生のために貴重なお時間を割き、インターンシップにご協力していただき、ありがとうございました。生徒たちから、実のあるインターンシップであったとの報告がありました。この後、各科でインターンシップの発表会が予定されております。


建設現場の魅力体験会

 11月11日 新居浜市消防庁舎と建設中の防災庁舎において、1年生176人が参加して、「建設現場の魅力体験会」が行われました。
 これは、新居浜建設業協同組合、愛媛県東予地方局建設部および新居浜市役所の方々に御尽力いただき、「建設工事全体の工程や職種を学んだ上で最先端の技術で施工されている実際の工事現場を見学し、建設業の魅力を体感して将来の職業選択に役立てる」という目的で、1年生を対象に行われています。平成27年度から始まった「建設機械の操作体験実習」も5年目を迎え、今年は完成間近の防災庁舎の建築現場を、まさに直接体感できました。建設業映像学習や講義、測量操作体験、地下の耐震免震装置を含む建設現場の見学など、貴重な体験をさせていただきました。2年生で行われるインターシップに向けて、地元地域に役立つ立派な職業人になれるよう、今後の職業選択の参考にさせていただきます。


【理科】ブタの眼球解剖実習

 1年生「科学と人間生活」の単元「ヒトの視覚と光」で、全生徒が一人一つずつ、ブタの眼球(ヒトの眼球と大きさ・構造がほぼ同じ)を解剖する実習を行っています。まず解剖前に全体を観察します。瞼・瞬膜、視神経などが見られます。次に、眼球周りの脂肪や筋肉を解剖ばさみを使って除去し、眼球本体周りを観察できるようにします。そのあと、内部観察のため、眼球を前後に2分割するのですが、これがなかなか硬くて難しいのです。「ブタの眼ってこんなに丈夫なのか!(ヒトの眼も同じく…。)」と感じます。無事、分割できたら内部を観察します。前半球には水晶体や毛様体などが、後半球には網膜や脈絡膜などが見られます。新鮮な眼球のため、濁りが少なく綺麗でした。最後に、前半球から水晶体を取り出し、シャーレ(ペトリ皿)に乗せ新聞紙面上に置くと、水晶体がレンズの役割を果たすことで文字が拡大されて見えます。私たちの知識を深めるために、犠牲になってくれたブタさん。私たちは、感謝の気持ちを忘れてはいません。ありがとう!

企業見学【環境化学科1年生】

 11月8日(金)環境化学科1年生が四国電力株式会社西条発電所と松山太陽光発電所に見学に行きました。
 西条発電所では、石炭を使用した火力発電についての仕組みや、火力発電が環境に与える影響と環境に配慮した木質バイオマスが使用されていることを学び、2号機ボイラーを見学しました。 松山太陽光発電所では、太陽光発電の魅力や課題を学び、実際の太陽光パネルを間近で見たり、触ったりしました。 私たちの生活に必要不可欠なエネルギーですが、それを生み出すことによる環境への影響もあります。持続可能な社会を企業努力で実現しようとされている姿を目の当たりにし、我々も個人レベルで心掛けたいと感じました。さらに、学校での学習活動の必要性を感じることもできました。

インターンシップ実施報告01

 本校の2年生が11月5日(火)より、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施しています。
 今日で4日目です。この間の状況を写真で報告いたします。各事業所の皆様には、お忙しい中、新居浜工業の生徒のために貴重なお時間を割き、インターンシップに協力していただき、ありがとうございます。

エネルギー教育による事前学習会(電気部)

 11月1日(金)に電気部3年生4名が課題研究活動支援事業の事前学習会に参加しました。
 講師にエコット政策研究センター代表の中岡章先生をお招きし、「地球を冷ませ!再エネに期待できるかのか」テーマに講演いただきました。生徒は質問を積極的に行い、熱心に活動することができました。12月15日に東京大学にて発表会が予定されているので今回学んだことを生かしたいです。

第25回日韓国際環境賞 受賞

 10月31日 ホテル椿山荘東京において第25回日韓国際環境賞(主催 毎日新聞社・朝鮮日報社)の表彰式があり、本校VYS部が受賞しました。
 また、同日夕刻に受賞報告で環境省に赴き、小泉環境大臣に報告いたしました。

おもしろ周期表2019結果発表【理科】

 夏季休業中に、1年生「科学と人間生活」の課題であった「おもしろ周期表」の中から、優秀作品を新工祭にて展示し、来場者に投票してもらいました。今年は、メンデレーエフが周期律を発見してから150年目の記念総選挙でした!
 その結果、全10作品中、機械科・池田凛さんの作品が32%の得票率で1位に選ばれました。 池田さんにインタビューしたところ「水素原子の質量を1として、他の原子の相対質量を、単に数値では面白くないと思い、木材の高さで表現してみました。さらに、元素の分類を色で表現してみました。」と語ってくれました。 環境化学科の先生からも、「これは素晴らしい」というお墨付きもいただいております。

明日新居浜特支の文化祭で乗車できます

 電気科3年の課題研究では、明日新居浜特別支援学校の文化祭において子どもたちに乗車してもらうバッテリーカーの試運転をしています。バッテリーや連結部などの点検も終了し、運転技術も完璧です。新居浜特支のみなさん、明日を楽しみにしてください。

インターンシップ直前指導

 11月5日(火)~14日(木)の土日を除く8日間実施するインターンシップの直前指導が4限目に実施されました。
 直前指導では、インターンシップ実施についての再確認や諸注意のあと、事業所別に分かれて、担当の先生方から説明がありました。その後、生徒たちは事前打合せや御挨拶をするため、各事業所へ向かいました。各事業所様には、8日間という長い期間になりますが、生徒たちのために、御協力をよろしくお願いします。

西門ブロック塀改修工事スタート

 東門ブロック塀改修工事に続き、西門の工事も始まりました。写真は現在の西門の様子です。ブロック塀は完全に撤去されました。工事期間中は西門は通行できませんので、正門にお回りください。工事期間中は御迷惑をおかけします。

「えひめ教育の日」推進大会

 10月27日(日)に新居浜市市民文化センターにて、「えひめ教育の日」推進大会が開催されました。
 本校は、ロビーで展示発表を行いました。各学科で製作した作品の紹介とその説明ができ、有意義な一日になりました。

環境化学科デュアル・システム「教材開発までの道のり③」

 「ゼラチンが固まるまでの時間が冷蔵庫では1時間半かかってしまうが、30分以内に固めるための方策があるのか」を実験で試したところ、ありました!これまではゼラチン濃度を2%で実施したのでしたが4%と6%に高めてみました。そしてさらに冷蔵庫で冷やしていたのを氷の上で冷やす方法に変更。すると、4%では20分で、6%では10分で固まりました。これで、なんとか2時間という限られた出前授業内に結果を導き出せる実験ができそうです。出前授業の内容については今後お知らせしていきます。

企業見学(電子機械科1年)

 10月29日、電子機械科1年生が萩尾機械工業㈱、㈱愛新鉄工所、㈱西岡鉄工所、㈱曽我部鐵工所を見学しました。
 授業で学習した工作機械で実際に製品が加工されているのを見ることができました。また、たくさんの質問にも対応していただき、生徒たちも興味を持って積極的に参加することができ、有意義な時間となりました。

環境化学科デュアル・システム「教材開発までの道のり②」

 10月28日は、中学校で実施する出前授業の予備実験を実施しました。
 実施したところ、時間内に結果が出ないことが判明し、そのための対策を考えました。次の日に学校の課題研究で、その対策となる実験を実施します。うまくいけばいいのですが・・・・。内容は、「ゼラチンが固まるまでの時間が冷蔵庫では1時間半かかってしまうが、30分以内に固めるための方策です。」何か妙案がある方は環境化学科までご連絡ください。

バドミントン新人大会東予地区予選 優勝

 10月26・27日(土・日)にバドミントン新人大会東予地区予選が行われました。
 今回、バドミントン部保護者会より寄贈いただきました部旗を、公式戦として初めて掲げることができました。 結果は、団体戦で、昨年度に引き続き優勝!。 個人戦ダブルスでは、武野・濱岡ペアが優勝、近藤・三谷ペアが準優勝、三好陽太・平井ペアが第3位となりました。さらに、山本・大澤ペア、松川・三好一樹ペアがベスト8となり、県大会に出場します。 個人戦シングルスでは、武野が優勝、濱岡が準優勝、山本と三谷がともに第3位、また、近藤と平井がベスト8で県大会に出場します。今回、念願であった、団体戦・個人戦ダブルス・シングルスすべてにおいて優勝することができました!!。県大会でも上位進出を目指して頑張ります!!!。

全校集会

 全校集会があり、表彰伝達が行われました。
 愛媛県高等学校東予地区新人大会の表彰が行われました。表彰された団体・個人は、ハンドボール部【男子第2位】、卓球部【男子団体第3位、男子シングルス第1位】、柔道部【男子団体第3位、男子60kg級第3位、柔道男子100kg級第3位】、バドミントン部【男子団体第1位、男子ダブルス第1位・第2位・第3位、男子シングルス第1位・第2位・第3位・第3位】です。

登道ボランティア 3回目(情報電子部)

 10月27日(日)に登道商店街で開催された「百縁笑店街&さんさん産直市」において、子供たち対象にものづくり工作教室が実施されました。その講師として、情報電子部、情報電子科の生徒計4名が今年度3回目のお手伝いをさせていただき、電子オルゴールの製作やプラスチック板キーホルダー作りについて、子どもたちの目線に立ち優しく指導することができました。参加した子供たちや保護者の皆さんに大変喜んでいただき、ものづくりの楽しさを知っていただけたと感じます。今回で今年度3回目ということもあり、生徒たちも幅広い年代の方々とコミュニケーションを図りながら活動できたと感じます。

新工祭(展示・催し物・模擬店・バザー)

 11:00~14:00は、新工祭の展示・催し物・模擬店・バザーが行われました。
 学校関係者の方に新居浜工業高校を訪れていただきました。模擬店のみならず展示や催し物を通して、新居浜工業高校の活動をご覧いただけたと思います。今後とも、生徒たちのために各方面でのご支援・ご協力をお願いいたします。

新工祭(開会式、芸術鑑賞会)

 本日は、新工祭です。開会式後、10:00~10:55に芸術鑑賞会として「松山東雲中学・高等学校による演奏会」が行われました。
 開会式では、校長より、『この新工祭は、「人間関係の形成」や「公共の精神を養う」ことが目的です。クラスや部活動、委員会の中で「自分がどういう立ち位置で行動するのか」、「自分ができることは何か」を考え、文化や芸術、技術の面白さ、多様性を感じてほしい。』とのご挨拶がありました。・
 芸術鑑賞会では、「マーチングステージ全国大会出場」など、数々のすばらしい実績を残しておられる松山東雲中学・高等学校の皆さんによる演奏が披露されました。吹奏楽演奏の後、本校生徒と一体化したマーチングステージが行われ、本校生徒にとって体験・経験の少ないステージをしていただき、有意義な時間を過ごすことができました。
※開会式

※芸術鑑賞会

新工祭の御案内、新工祭準備

【新工祭のご案内】
 10月25日(金)に「新時代の新工祭」のテーマで新工祭(文化祭)を開催いたします。つきましては、御多用の折とは存じますが、ご来校を賜り、生徒たちの日頃の成果を御覧いただきますよう御案内申し上げます。
 なお、保護者の皆様で、自家用車で来られる方は、西門(校内案内図参照)から入り、運動場に駐車して下さい。また現在東門付近はブロック塀改修工事のため大変狭くなっていますので、通行の際は御注意ください。
【新工祭の日程】
  9:40~ 9:45 開会式
 10:00~10:55 芸術鑑賞会「松山東雲中学・高等学校 吹奏楽部による演奏会」
 11:00~14:00 展示・模擬店
 14:10~14:20 閉会式
※新工祭準備:現在、雨上がりの中、模擬店の準備や展示等の催し物の準備をしています。
 

インターンシップマナー講座・安全講習

 10月23日ホームルーム活動の時間では、インターンシップを目前に控えた2年生全員に対し、インターンシップマナー講座及び安全講習が行われました。安全講習では労働基準監督署より講師の先生をお招きし労働災害や安全対策に関するお話を拝聴しました。マナー講座では、アビリティーセンター株式会社より2名の講師の先生をお招きし、礼節に関する講義と実践練習をしていただきました。
皆さん積極的に取り組めていました。この講習を生かすために、日頃から学校内における礼節に意識して生活したいものです。
※インターンシップ安全講習

※インターンシップマナー講座

東門ブロック塀改修工事中です

 東門ブロック塀改修工事が行われています。写真は現在の東門の様子です。ブロック塀は完全に撤去されました。東門周辺では、フェンス等も設置され、歩道や校内も通行できる部分がかなり狭くなっていますので、ご注意ください。また西門の工事はまだ開始されていませんので、新工祭前日と当日は出入り可能です。工事期間中は御迷惑をおかけします。

新居浜祭り最高潮ですが、、、

 10月17日新居浜太鼓祭りは最高潮ですが、新居浜工業高校では授業中です。学校周辺を運行する太鼓台を休み時間に廊下から眺めています。「早く祭りに参加したい」気持ちはありますが、大切な授業を最後までがんばります。

バスケットボール部 部活動報告

 バスケットボール部の部活動報告です。
 先月開催された1、2年生大会を終え、次は1月に開催される新人戦に向け練習に取り組んでいます。夏の試合の反省として、フィジカルの弱さが課題になりました。日曜日の練習では、手押し車や腹筋などトレーニングメニューに取り組みました。1月の大会では、リバウンドやディフェンスで力強いプレーができるようにがんばります!

命に関する講座

 10月16日(水)「命の講座」がありました。日本赤十字社より講師の方に来ていただき、災害対応等について学びました。
 災害が起こる前にするべきこと、起こったときにとるべき行動、起こったあと暮らしをつなぐために必要な備え等についてお話いただき、今自分たちにできることから始めていきたいと思いました。また、DVDを通して献血の大切さについても考えることができました。25日の新工祭では、たくさんの人に献血に協力していただき、一人でも多くの人の命を救うことに役立てられたらと思います。

東門及び西門ブロック塀改修工事

 東門及び西門ブロック塀改修工事が令和元年10月12日から12月25日の予定で行われています。写真は東門の様子です。東門周辺では、フェンス等も設置され、歩道や校内も通行できる部分が狭くなっていますので、ご注意ください。
 また西門は工事が開始されると出入りができなくなりますので、正門等を御利用ください。ただし新工祭前日と当日に限り出入り可能となります。工事期間中は御迷惑をおかけします。

新工祭事前衛生講習会

 10月11日(金)西条保健所より、講師の先生方に御来校いただき、新工祭事前衛生講習会を実施しました。
 講習会には、各団体の担当教員や食品を取り扱う生徒が出席し、食中毒の概要と予防方法について教えていただきました。実験結果や事例を取り上げてわかりやすく説明していただき、手洗いの重要性、マスク・エプロン・三角巾を着用することの大切さ等を実感し、食品を取り扱う上で気を付けるべきことを学びました。教えていただいたことを全員が意識して、安心・安全で楽しい新工祭になるようにしたいと思います。

環境化学科デュアル・システム「教材開発までの道のり①」

 今年も10/7(月)より環境化学科デュアル・システムが始まりました。環境化学科3年生3名が㈱大愛にてお世話になります。
 今年の内容は、環境化学部で研究したナメコのプロテアーゼについてのデータを活用し、3つ目となる実験教材キットを開発することを目的としたものです。今回のコンセプトは「失敗から学ぶ化学実験~謎解き型実験キット~」としており、この日は2時間かけて、実験のシナリオを㈱大愛の社長とディスカッションしました。工場内のキノコ生産現場も見学させていただき、地元企業とともに学習さらには商品開発を実施し、その商品を活用した中学校での出前授業での商品の検証まで実施していく予定です。

情報電子部活動報告【文化祭に向けて】

 情報電子部の活動報告です。
 情報電子部では現在、10月25日の新工祭に向けて準備を行っています。大人や子ども、多くの方たちに情報電子科・情報電子部の活動を知っていただけるよう、パソコンで制作した作品(ゲームやCGなど)や大会に参加したロボット(WROやマイクロロボコンなど)の展示や、実際に触って遊んでもらえるような作品も、現在考えながら製作しています。文化祭まで時間は余りありませんが、一生懸命頑張ります。

竜巻(?)発生

10月4日 午前7時10分頃
 上空が暗くなり雲を見ると・・・

 竜巻でしょうか?

 このように、積乱雲などの雲底から漏斗(ろうと)状に垂れ下がった雲を漏斗雲といい、これが発達すると竜巻になるそうです。
 今朝は、本校から北の方角(海の方向)に複数の漏斗雲が見られました。その1つは、海面近くまで到達していたようです。
 珍しい自然現象を観測した朝になりました。

 写真は、新居浜工業高校の校内から撮影したものです。

全校集会

 全校集会があり、壮行会が行われました。壮行会後、生徒課長注意が行われました。
 第27回全国高等学校ロボット競技大会[新潟大会]に出場する機械部の壮行会が実施され、抱負発表・校長激励の言葉・生徒代表激励の言葉・選手代表あいさつが行われました。

 

【バレーボール部】新調ユニフォーム初戦

 9月21日 東予選手権バレーボール大会がありました。
 新調したユニフォームでの初公式戦でした。結果は、、、残念ながら敗退となりました。心身とも一新してこの新しいユニフォームとともに気合を入れたバレーをめざします。

第68回秋季大運動会 閉会式

 閉会式が行われ、成績発表がありました。総合優勝は機械科、演技の部(1位)機械科、行進の部(1位)機械科、アーチの部(1位)機械科 でした。結果は機械科の完全制覇となりましたが、準備から本番までどの科も団結し、一生懸命に取り組み、すばらしい運動会となりました。
 成績発表後、表彰、校長あいさつ、国旗校旗降納、閉会宣言が行われました。生徒達は、令和最初の充実した秋季大運動会とすることができました。
 また、関係各位・学校近隣の方々・保護者の方には、本校運動会に際し、ご配慮をいただき誠にありがとうございました。

運動会 競技 午前の部③

午前の部の競技風景です。
9  聖マリア幼稚園の園児とお遊戯「太陽がキラキラ」を通して交流を図りました。

10 パン食い競争

11 借り人借り物競争

12 ムカデ競争

13 One for All

14 学年別リレー

運動会 開会式

 本日、9:00より「第68回秋季大運動会」が行われています。
 本年度の運動会テーマは「熱くなれ!!令和最初の運動会!!」です。本年度は、競技等の画像をできるだけ発信する予定です。本校、ホームページをご確認ください。
※各団の行進です。大きな声、元気のよい行進が行われています。

※開会式です。開会宣言、国旗校旗掲揚、優勝杯返還、校長あいさつ、生徒会長あいさつ、生徒代表宣言が行われました。

運動会予行・準備

 本日の午前中、運動会予行が行われました。生徒たちは、明日の大運動会に向けて、自分たちの役割等の確認を行いました。また、一部の競技について練習が行われました。午後からは、パネルやテント張などの準備を行いました。その後、各グループでは、各種種目の練習や再確認等を一生懸命行っていました。
 明日は、秋季大運動会です。関係各位、保護者の方の御来校をお待ちしています。
 御来校に際して、下記を御確認ください。
(1)当日[26日]雨天の場合は、延期の予定です。
(2)校内には十分な駐車スペースがありません。乗り合わせいただくか、公共交通機関を御利用ください。近隣の店舗等への無断駐車は絶対にしないようお願い申し上げます。
(3)PTA参加競技のプログラム10番の「パン食い競争」につきましては、保護者の皆様方の積極的な御参加をいただきますようお願いいたします。

第13回マイクロロボットコンテスト愛媛県大会

 22日(日)に松山工業高校にて第13回マイクロロボコン高校生大会 愛媛県大会(1インチ部門)が開催され、電気部10名、情報電子部5名の計15名が大会に参加しました。
 この競技は1インチ(2.54cm)の大きさのロボットにプログラミングを行い、白い線をセンサで読み取りながら走らせ、そのタイムを競うというものです。光センサを用いて白の線を判断するため、環境や天候、室内灯の明るさなどでセンサがうまく動作せず、ロボットが練習通りの動きをしないこともありましたが、生徒は最後まであきらめず調整を続け、協議に臨んでいました。競技の結果、情報電子部の 合田 君が審査員特別賞を受賞することが出来ました。今回学んだこと、得たことを活かし、次の大会に向けて頑張らせたいと思います。

めざましテレビ取材【溶接甲子園 最優秀】

 9月20日(金)、「溶接甲子園」(全国選抜高校生溶接技術競技会)で2年連続日本一となった機械部 石山君の取材がありました。
 フジテレビのめざましテレビのスタッフの方が密着し、学校生活や部活動での様子について撮影を行いました。放映は、9月30日(月)午前6時17分頃、めざましテレビの番組の中で行われる予定です。


運動会学年練習(2年)

 3・4限目に2年生の学年練習がありました。
 3限目は、グラウンドで行進、団体練習を行いました。4限目は、雨のため体育館に移動し、各種目の入退場の練習を行いました。運動会まであと6日とせまり、生徒たちの気持ちも高まってきたようです。どの科が栄冠を掴むでしょうか。楽しみです!!

運動会学年練習(1年)

 3・4限目に1年生の運動会学年練習が行われました。
 1週間後にせまった運動会に向けて、行進や体操、各種目の練習をしました。秋の爽やかな風が吹き始める中、元気に取り組んでいました。

惣開観月祭(電子機械部)

 9月14日(土)、惣開小学校で観月祭が開催されました。
 電子機械部もイベントとして参加させていただきました。観月祭名物の芋焚きを御馳走になり、生徒たちはとてもおいしくいただいていました。イベントでは、子供を対象に、ロボットアメリカンフットボールの体験をしていただきました。多くの小学生が会場を訪れ、高校生に操作の仕方を教わり、楽しく動かしていました。このようなイベントに参加させていただき、大変ありがたく思っています。地域の方々、ありがとうございました。

全校集会(教頭講話)

 9月11日、全校集会が行われ、阿部教頭からの講話がありました。内容は、目標に向かって努力することの必要性や誰にでもできる小さなことの積み重ねをしていくことの大切さについて、数学的な考え方を絡めて話したものです。
 来週からは、3年生の就職試験や進学のための試験も本格的になってきます。また、部活動の新人大会も始まります。それぞれが、今からできる準備をしっかりと行い、持てる力を存分に発揮してほしいと思います。

面接練習(進路指導課)

 9月16日より就職試験が始まります。
 それに向けて各科の先生方のご指導の下、面接練習を行っています。入退室やお辞儀の練習、受答えの仕方などみっちりと行っていました。みんなの表情は緊張した様子でしたが、しっかりと練習して、全員が合格できることを願っています。

四国ルーキーリーグ2019

 8月31日(土)~9月1日(日)高知県土佐西南大規模公園で四国ルーキーリーグ2019のEXTRA ROUND(四国内の1年生チームによるリーグ戦の順位決定戦)が行われました。S2リーグで8チーム中7位と満足のいく結果ではありませんでしたが、4月からの長期にわたるリーグ戦を通して、競技力向上や心身の成長ができ、有意義な経験ができました。

修学旅行生の帰校について

保護者の皆様へ
 本日、修学旅行最終日となり修学旅行生がイオンモール新居浜の駐車場に帰着いたします。
 関東Ⅰ班(機械・環境化学科)、関東Ⅱ班(電子機械・電気・情報電子科)共に、18時30分頃の到着になる予定です。
 イオンモール新居浜の駐車場に到着後、各班毎に解散となります。多くの保護者の方が来られることが予想されますので、安心・安全なお迎えにご協力をお願いいたします。

修学旅行だより12【関東Ⅱ班(F・E・I)】

 本日、修学旅行最終日となりました。
 午前中は日産自動車横浜工場、東芝未来科学館、三菱みなとみらい技術館の3カ所に分かれて見学を行い、お昼を横浜中華街で合流して取ったあとに、羽田空港から新居浜へ帰る予定です。

「えひめ未来のしごと博」・「えひめITフェア2019」【電子機械部】

 8月31日(土)、夏休み最後の土曜日に「えひめ未来のしごと博」・「えひめITフェア2019」が愛媛県武道館で開催されました。
 企業や専門学校、介護体験やドローンの実演、伝統工芸などたくさんのブースが設けられ、見どころ満載のイベントでした。その一角に工業高校生によるロボットアメリカンフットボールの試合や体験が行われました。子どもから大人までたくさんの方が来られ、大賑わいでした。生徒たちもこのようなイベントに参加することができ、楽しんでいました。よい経験ができたと思います。

修学旅行結団式

 本日6限目、修学旅行結団式が実施されました。
 結団式では一色校長先生、高須賀生徒課長からお話がありました。校長から「保護者に対して感謝の気持ちを忘れないように」、生徒課長から「修学旅行先における問題行動について注意喚起」のお話がありました。その後、2名の添乗員の方の紹介、学年主任の事前注意・説明がありました。生徒達は、明日からの修学旅行に向けて、しっかりと顔をあげて聞いていました。

第2学期始業式

 本日、体育館で第2学期始業式が行われました。
 校長より、本校の夏季休業中の成果や第1学期終業式で紹介した「『凡事徹底』 当たり前のことを、人には真似できないほど、一生懸命やる。」の再確認、第2学期の各行事への取組、「主体性を持つ」ことについてのお話がありました。
 主体性とは、何を行うか決められていない場合に、自分の頭で考え、行動するということです。2学期も規則正しい生活を心がけ、頑張っていきましょう。

全校集会

 本日から、新居浜工業高校の第2学期が始まりました。第2学期始業式の前に、全校集会があり、表彰伝達が行われました。
 第8回四国地区高校生溶接技術競技会 被覆アーク溶接部門 団体優勝 個人2位【機械部】、第3回全国選抜高校生溶接競技会 被覆アーク溶接部門 個人1位【機械部】、第43回全国高等学校文化祭 文化連盟賞【写真部】、第38回全日本ジュニアバドミントン選手権大会 愛媛県予選 ジュニアの部 男子ダブルス第3位 男子シングルス第3位【バドミントン部】の表彰が行われました。

夏季補習(3年生)

 8月22日(木)より28日(水)まで、就職・進学に向けて、3年生を対象に夏季補習を行いました。
 補習科目は、国語、数学、英語、作文などでした。夏休みの終盤ですが、9月中旬より就職試験が開始されるので、みんな熱心に授業を受けていました。また、担任や科の先生方に指導してもらいながら、履歴書等の清書や面接練習も行っています。
 まもなく夏休みも終わり、いよいよ勝負の瞬間を迎えます。

情報電子部活動報告【3DCGの制作】

 情報電子部の活動報告です。
 パソコンを用いた3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)の制作を行っています。3DCGはアニメやゲームのキャラクター作成だけではなく、3Dプリンタで造型するデータの制作にも利用することが出来ます。また、立体的な物体の見方、考え方や、駆動方法などを考えパソコンで立体物のデータを制作することができます。初めて間もないころは立体的な考えをすることが難しく、奥行きや内部構造などのイメージに手間取りましたが、数を重ねることで立体的な物体の考え方が少しですが分かるようになってきました。今後も知識や技術を高めていけるよう頑張ります。

登道ボランティア【2回目】(情報電子科・情報電子部)

 8月25日(日)に登道商店街で開催された「百縁笑店街&さんさん産直市」において、小学生以下の子供たち対象にものづくり工作教室が実施されました。その講師として、情報電子部、情報電子科の生徒計7名がお手伝いをさせていただき、ひかり電子草笛の製作やプラスチック板キーホルダー作りについて、子どもたちの目線に立ち優しく指導することができました。参加した子供たちや保護者の皆さんに大変喜んでいただき、ものづくりの楽しさを知っていただけたと感じます。
 今年度2回目の登道ボランティアということもあり、生徒たちも前回よりも多くの方々とコミュニケーションを図り、前回の反省点・改善点を修正し、より良いものにしようとする頑張りを見ることができ、とても良い体験となったと感じます。

夏季休業中の散水当番

 本校では、クラス毎に散水当番を決め、庭園の散水、校内各所の清掃、ゴミ箱のごみの処理などを行っています。
 8月19日は環境化学科1年の当番日でした。雨のため、庭園の散水は中止としましたが、玄関前や庭園の清掃、各職員室等のごみの処理を行いました。

陸上競技新人大会東予地区予選会

 8月17日(土)~18日(日)に陸上競技新人大会東予地区予選会が西条ひうち陸上競技場で行われました。
 本校陸上競技部員が参加し、来月松山市で行われる愛媛県新人大会に7名の生徒が出場権を得ることができました。暑い中の大会となりましたが、3年生や卒業生も応援に来てくれ1・2年生にとって励みとなりました。

ロボットアメリカンフットボールイオンモール新居浜大会

 8月17日、電子機械部がロボットアメリカンフットボールイオンモール新居浜大会に参加しました。
 初めての大会となる1年生は、緊張しつつも真剣に競技に取り組んでいました。途中行われたワークショップでは、小さな子供たちにロボットの操作体験をしてもらいました。競技では課題も見つかり、今後の活動につなげていきたいと思います。

「溶接甲子園」(全国選抜高校生溶接技術競技会)【機械部】

 8月3日(土)、新居浜市の実技試験場において「溶接甲子園」(全国選抜高校生溶接技術競技会)が開催され、地区大会を突破し、全国から参加した37名の高校生が溶接の技術を競いました。
 本校からは、機械部の生徒2名が出場し、被覆アーク溶接部門で石山君が最優秀(第1位)という成績を収めました。石山君は、昨年の「溶接甲子園」でも最優秀という成績で、2連覇を達成しました。

エネルギー教育による交流会(電気部)

 8月1日(木)~8月2日(金)の2日間に電気部3年生3名が課題研究活動支援事業の交流会に参加しました。
 全国から10校が参加し、1日目は活動紹介、グループワーク等を行いました。2日目は浜岡原子力発電所に見学に行きました。生徒は2日間を通して積極的に活動することができました。8月29日、30日にも見学が予定されているので今回学んだことを生かしたいです。

第28回全国高等学校漫画選手権大会【美術部】

 8月3日(土)~4日(日)の2日間、高知県文化プラザかるぽーとにて第28回全国高等学校漫画選手権大会が行われました。
 第1次競技のテーマは、「よろこんでやらせていただきます」でした。事前に考えていたアイデアをもとに、5時間半という制限時間の中で4人で協力して作品を完成させました。審査の結果、決勝進出を逃したため、宿舎に帰って敗者復活戦に挑みました。敗者復活のテーマは「〇スポーツ」でした。事前に考えていたアイデアを思い切って変えて、アイデアを出すところからスタートし、夜中の0時まで集中して作品を仕上げました。結果、残念ながら敗者復活戦枠の5校には選ばれませんでしたが、全国という大きな舞台で堂々と立派に戦うことができました。レベルの高いペン児たちと戦えたことや、プロの漫画家の先生方からの講評も直々に頂けたことは一生の思い出となりました。また来年の大会に出場できるよう、日々の部活動においてもこの経験を生かして頑張ります。今後ともよろしくお願いします。

ものづくり教室

 8月7日、新居浜・西条・四国中央市の中学生64名が参加して「ものづくり教室」が開催されました。
 これは、見学中心の一日体験入学をさらに発展させた実習型の企画で、中学生に「ものづくり」の魅力を体感してもらうものです。各科の講座内容は、機械科『鉄の材料を使って「鉛筆立」を作ろう!』、電子機械科『ミニマイコンカーを走らせよう!』、電気科『手軽に持ち運べるハンディライトをLEDで作ってみよう!』、情報電子科『電子回路でサイコロを作ってみよう!』、環境化学科『環境配慮型「リメイクアート」』でした。
    参加した中学生たちは、担当の先生方から説明を受けながら、製作過程で自分なりの工夫したり、一つのものを完成させる喜びなどを体感しました。
    将来「ものづくり」を通して、新居浜・東予地域・愛媛県の工業・産業を支えませんか!

【速報】南部九州インターハイ最終日 ウエイトリフティング102㌔級

 8月3日、沖縄インターハイウエイトリフティング競技最終日、102kg級に渡辺君が出場しました。
 スナッチで92kg、クリーン&ジャーク100kgを挙げ18位でした。自己新記録の111kgに挑みましたが、惜しくも失敗になりました。来年のインターハイで表彰台に立てるようにこれからの練習に励んでいきます。

WRO Japan in EHIME 中四国予選会【情報電子部】

 8月3日(土)に愛媛大学グリーンホールにおいて、WRO JAPAN in EHIME 中四国予選会が行われました。
 本校からは情報電子部の3年生1名、2年生1名、1年生1名の計3名が参加し、レゴブロックにモーターやセンサを取り付けオリジナルロボットを製作し、課題に応じたプログラミングを行うことによって自動走行を行い課題解決を目指しました。当日に発表されるサプライズルールもあり今年度の課題は非常に難しいものでした。生徒たちは本番の緊張と環境の変化に対応できず日々の練習の成果を発揮することが出来ませんでしたが、最後まであきらめず協力して作業をおこなっていました。残念ながら入賞することは出来ませんでしたが、今回参加した2年生と1年生は来年度も大会に出場することができるので、来年の大会はもちろんのこと、今後の部活動にも今回の大会で得た経験を活かしてほしいと思います。

工業高校サッカー親善大会

 8月1日・2日に工業高校サッカー親善大会が宇和島市の丸山球技場において行われました。
 1日目は今治工業に2-0、吉田高校に1-0で勝利し、2日目は東予高校との決勝戦となりました。暑い日差しの中、迫力ある攻撃と早いプレスが相手を翻弄し、7-1のスコアで優勝を収めることができました。この結果に満足せず、8月21日(水)に行われる高校サッカー選手権大会東予地区予選でも県大会への出場権を獲得し、全国大会出場を目指して頑張ります。今後とも応援よろしくお願いいたします。

エネルギー教育による学習会(電気部)

 7月30日(火)に電気部3年生7名が幌延深地層研究センターに見学に行き、エネルギー教育に関する学習会を行いました。
 高レベル放射性廃棄物処分に関する研究や地下施設での調査・研究について理解を深めることができました。2泊3日の日程で北海道への見学を実施しましたが、体調を崩す生徒もおらず全員が元気に無事帰ってきました。

【速報】南部九州インターハイ ウエイトリフティング73㌔級

 8月1日、沖縄県糸満市で開催されているインターハイ第2日、73kg級に田坂君が出場しました。
 アップ中に手のひらの豆が裂けて思うように挙げれませんでしたが、ジャークは自己ベストタイの100kgに成功することができました。最終試技は自己新記録の102kgに挑戦しましたが惜しくも失敗に終わりました。

生徒保健委員研修会

 8月1日(木)に保健委員の代表者2名が、愛媛県高等学校保健会生徒保健委員研修会に参加しました。
 他校の保健委員会の取組について知ることができ、大変勉強になりました。班別研修では、胸骨圧迫や回復体位について、三角巾による圧迫止血の方法等を学びました。今回の研修会で得たことを今後の学校生活に生かしてほしいと思います。

ウエイトリフティングの魅力について(1)

 現在南部九州インターハイに出場中のウエイトリフティング部顧問石川です。
 ウエイトリフティングは三宅宏実選手や八木かなえ選手の活躍により少しは知られるようになりましたが、まだまだマイナーな競技です。本校には県下でも数少ないウエイトリフティング部があります。新居浜市もその活動について積極的に支援していただいています。そこで、ウエイトリフティングの魅力を少しでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。
 「小中学生の皆さん将来本校に入学して、ウエイトリフティングを一緒にしませんか。」
 今日はまず私が行っている腹筋トレーニングを紹介します。「コロコロ」ホームセンターなどで1000円くらいで売っているアブローラーというのでしょうか?車輪の両端に持ち手があります。それを握って前に腕を伸ばして体重を移動して、いけるとこまでいって戻してくるという単純なトレーニングです。
 はじめのうちは、膝をついて行うといいと思います。慣れてくると膝を浮かして行います。あんまり前に行きすぎると戻って
これなくなりますので、行けるとこまでにします。腕や肩の力も必要になりますので、ほぼ一直線に伸びれるようになるまでは、ある程度時間がかかると思います。
 一点気をつけるポイントがあって、前にいったときにお腹をおとしてしまうと腰を痛める可能性が高いので気をつけてください。私も何度か腰を痛めてしまいました。私は、一直線まで伸びる動作を10回3セット行うようにしています。10回目の伸びたときに5秒静止してしてから戻すようにしています。最近では、自分の体重では負荷が軽くなっているので15kgの重りを背中に乗せて行っています。

【速報】南部九州インターハイ ウエイトリフティング61㌔級

 7月31日、沖縄県糸満市で開催されているインターハイ初日、61kg級に出場した妻鳥君は、2年生でまだまだ力不足の面もあり、40位という結果でした。初めての全国大会で試合の難しさを経験することができ、次の全国大会につながる試合になりました。妻鳥君は、10月に行われる茨城国体に少年選手として出場予定です。

新居浜地区合同初任研地域理解研修(登山編)

 7月29日 新居浜地区の初任者教員・指導教員約30名が集まり、旧別子銅山を巡り、銅山峰登山に挑みました。
 新居浜地区の県立学校では、今年度新規採用された教員の初任者研修の一環として、地域理解や初任者同士の親睦を深めるため、夏の恒例行事として銅山峰登山を実施しています。本校からも英語科の初任者と指導教員の2名が参加しました。旧別子登山口から、新居浜南高等学校ユネスコ部のすばらしいガイドで、小足谷部落跡地醸造所跡などを巡り、ダイヤモンド水広場まで約2時間かけてたどり着きました。
 さらに東延斜坑から歓東坑へのぼり昼食休憩を経て、銅山峰へ。ひざの痛みと戦い徐々にペースダウンしたり無口になる指導教員は何人かいましたが、初任者は全員が元気に銅山越まで完歩しました。それぞれの赴任校で1日も早く立派な教員となれるよう、こうした研修を一つ一つ積み重ねてがんばります。

第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会(環境化学部)

 7月29日(日)に愛媛県総合科学博物館にて、第5回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会が開催されました。
 県内外24校約200名の中高生が集まり、環境化学部(原田)が「キノコプロテアーゼの研究 ナメコのコラーゲン分解酵素について」を発表しました。日頃の練習の成果を発揮し、奨励賞を頂くことができました。今回の結果で満足することなく、日々研究を続けていきたいと思います。応援してくださった皆様ありがとうございました。

WRO Japan in EHIME 中四国予選会に向けて【情報電子部】

 現在、情報電子部では8月3日(土)に行われるWRO Japan in EHIME 中四国予選会に向けて練習を行っています。この競技はLEGOブロックにモーターやセンサなどを取り付け、オリジナルのロボットを製作し、与えられた課題をクリアする競技となっています。ロボットはプログラムで動かすことが出来るので課題を効率よくこなすことが出来るよう、動作の一つ一つ考えながらプログラミングをしていきます。部員一人ひとりによって考え方が違うので、意見が分かれることもありますが、話し合いをし意見を集約することで、より良い活動が出来ています。過去の実績として2014年には全国大会に出場したことがありますが、それからというものなかなか良い結果が残せていません。今回の大会では全国大会出場を目標に頑張ります。

夏季休業中の部活動報告(バスケットボール部)

 バスケットボール部の夏季休業中の部活動報告です。
 8/3、4日に松山工業高校で開催される、工業高校親善バスケットボール大会に向けて練習に取り組んでいます。3年生が引退し、初めての大会のため部員一同モチベーション高く部活動に励んでいます。現在は、個々のスキルアップを目標に、それぞれの課題解決のため切磋琢磨しています。写真は1対1の練習風景です。暑い中ですが熱中症に気を付けながら、今後も頑張ります。

夏季休業中の部活動報告(バレーボール部)

 バレーボール部の夏季休業中の部活動報告です。
 8月の1年生大会、9月にある選手権大会に向け日々練習に取り組んでいます。現在、鋭いスパイクを打てる選手が少なく、チーム全体の筋力不足が課題になっています。写真は上腕三頭筋のトレーニングの様子です。小野教諭自らチームを鼓舞し、元気にトレーニングに励みました。

ものづくり教室準備(情報電子科)

 情報電子科(情報電子部)で8月7日(水)に行われるものづくり教室の準備を行っています。
 電子回路製作を行うため、基板製作や穴あけ作業のほか、部品の仕分けなどを行い、ものづくり教室当日中学生に楽しんでもらえるように生徒主体で準備を進めています。昨年の反省や課題を話し合いながら、より良いものづくり教室になるよう作業の選定をしたり、時間配分を考えたりしています。ものづくり教室当日も生徒主体で指導を行う予定です。