新居浜工業日記【表示件数を1件⇒5件、10件に変更し閲覧してください。】

令和2年度 新工日記

情報電子部活動報告⑥

 来年度の【高校生ものづくりコンテスト愛媛県大会電子回路組み立て部門】を見越して、設計、電子回路製作、プログラミングの練習を行っています。
 この大会は【設計技術、電子回路製作技術、プログラミングによる制御技術】を競います。昨年度大会に出場した3年生が1,2年生に指導を行っています。まだまだ慣れていない部分があり、手間取ることも多々ありますが、『使う人のことを考えて製作する』ということと、『買う人のことを考えて綺麗なモノを作る』ことを意識して作業を行っています。これからの成長に期待です。

YouTube新居浜工業高校公式チャンネル【運動会ダイジェスト】、【中学生のみなさんへ】シリーズ《部活動編》

 YouTube新居浜工業高校公式チャンネル『運動会の感動をふたたび!!』をテーマにダイジェスト4編とちょっと笑える1編をアップしています。
 また【中学生のみなさんへ】シリーズ《部活動編》復活しました。『図書部』『野球部』好評連載中です。ぜひご覧ください。
【運動会ダイジェスト】
 +  + 

 + 

【部活動】
      図書部              野球部
   


企業見学(機械科1年)

 11月17日(火)機械科1年生は2回目の企業見学に行ってきました。
 午前に(株)小野鐵工所、(株)西岡鉄工所へ。午後に三光機械工業(株)、登尾鉄工(株)です。生徒たちはマスクを身に付けて見学し、感染対策も万全に備えながら行いました。企業の方からの高校時代にやっておいたほうがいいことなどアドバイスを頂き、貴重な時間でした。生徒たちはメモを取るなど、普段の学校生活では味わうことのできない体験でした。

『もっと授業拝見④』(保健体育科研究授業編)

 相互授業参観期間中の『ちょっと授業拝見』に続いて、工業高校の授業の様子を紹介する『もっと授業拝見』は第4弾を迎えます。
 今回は、11月17日に行われた保健体育科の瀬良教諭による体育「ジャンプシュートを強く打とう」をテーマとしたハンドボールの実技です。
 自ら専門とされているハンドボール、そして自ら担任をするホームルームクラスでの研究授業で、生徒たちとの息もぴったりです。
【健康観察・主題の説明⇒準備運動⇒ランニング⇒基本練習⇒ジャンプシュート①⇒動画による模範シュートの観察⇒自分たちのシュートの観察⇒ジャンプシュート②完成版】
 体育館ですが、ICT機器も効果的に活用しながら授業は展開され、最後に何人もの生徒たちが、すばらしいジャンプシュートを決めていました。

もっと授業拝見③(HR活動編)

 11月11日(水)1.3年の人権・同和教育ホームルーム活動研究授業が行われました。
 情報電子科1年では古田口・今井先生の指導の下、『いま自分たちにできることを考え、実行しよう!~負のスパイラルを断ち切るために~』という主題で行われました。新型コロナウイルス感染症についてのアンケート結果やICTを効果的に利用した素晴らしい授業でした。生徒たちは新型コロナウイルス感染症に関する差別や偏見について学び、自分たちにできることを真剣に話し合っていました。非常にタイムリーな内容で、生徒及び参観者にとって、良い学習機会となりました。

 

 

 

第23回マイコンカーラリー四国大会

 11月7日(土)香川県立観音寺総合高校で第23回マイコンカーラリー四国大会が行われました。
 Advanced Classでは昨年度全国4位の観音寺総合高校を抑えて、電子機械科3年の薬師寺君が
悲願の優勝を果たしました。そして出場者全員の頑張りで団体優勝を果たし、5年ぶりに優勝旗を
持ち帰ることが出来ました。
 保護者の方々のご理解ご協力があって達成できたものと思います。ありがとうございました。

〇成績
 Advanced Class  優勝   電子機械科3年 薬師寺 君
          4位入賞 機 械 科2年 松 原 君
          5位入賞 電子機械科3年 白 石 君
          6位入賞 電子機械科2年 合 田 君
 Basic Class    3位   電子機械科3年 近 藤 君
          5位入賞 電子機械科3年 白 石 君
          7位入賞 電子機械科2年 坂 本 君

 団体戦      Advanced Class 優勝
          Basic Class   優勝

インターンシップ活動報告⑤(最終日)

 11月5日(木)~13(金)のうち7日間を利用して、本校の2年生が、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施させていただきました。
 各事業の皆様には、7日間お忙しい中、新居浜工業高校生のために貴重なお時間を割き、インターンシップにご協力していただき、ありがとうございました。
 本日が最終日となっており、インターンシップの集大成として生徒たちは意欲的に活動を行っていました。
 インターンシップ終了後、生徒に感想を聞いたところ「社員の方がやさしく接してくれたおかげで楽しく学ぶことができた」や「お金を稼ぐことや働くことの大変さを学べた」とインターンシップが充実したものだったようです。また「将来就職した際にインターンシップの経験を活かしたい」、「自分が今何をするべきか分かった」、と将来や進路に向けてしっかり考えることができたようです。
 このインターンシップの経験を今後の学校生活でも活かしてくれると感じます。

伝達表彰③

 今年度はコロナウイルスの影響により、全校集会で伝達表彰が実施できないために、ホームページにてお知らせします。今回は伝達表彰の3回目です。
1.ハンドボール部
愛媛県高等学校東予地区ハンドボール新人大会 優勝

M2 岩崎 来輝、明星 一颯、E2 伊藤 有偉、河口 心之祐、宮原 琉生
I2 日野 蓮也、M1  友澤 輝雪、E1  明石 友希、岡本 琉翔、山下 颯太

2.卓球部
愛媛県高等学校東予地区卓球新人大会

男子シングルス 第2位 C2伊藤 与志喜

3.バドミントン部
愛媛県高等学校東予地区バドミントン新人大会
①男子団体 優勝

M2 大澤 優輝、F2 印南 陸、髙宮 葵、I2  三好 陽太、原田 翔、波多 泰輝
C2 平井 晴翔、E1 小西 真央

男子ダブルス  

②第1位 I2  三好 陽太、C2 平井 晴翔
③第2位 M2 大澤 優輝、E1 小西 真央
④第3位 I2 原田 翔、波多 泰輝

男子シングルス

⑤第1位 C2 平井 晴翔
⑥第2位 I2 三好 陽太
⑦第3位 E1 小西 真央

もっと授業拝見②(3年人権・同和教育HR活動編)

 「もっと授業拝見」第2弾です。11月11日(水)1.3年の人権・同和教育ホームルーム活動研究授業が行われました。
 電気科3年では白石・阿部先生の指導の下で、『差別の現実に学ぶ(1)~結婚差別の事例を通して~』か行われました。まず、ロールプレイングによって、和やかで考えやすい雰囲気をつくり、次にそれぞれの立場や状況に応じた言動の意味を自分たちなりに考えました。
白石教諭は先日の坊っちゃん劇場の観劇の際も、今日のホームルーム活動とリンクさせて、結婚問題を考えていたそうです。生徒や参観者も、今までのそして今後の生き方について、深く考えさせられるいい機会となりました。

もっと授業拝見(科学と人間生活編)①

 相互授業参観に続いて、工業高校の授業の様子を紹介していきます。第一弾『もっと授業拝見』は情報電子科1年生「科学と人間生活」での顕微鏡実習の様子です。2時間構成で、前時は「顕微鏡の基本的な使い方」を学習するために、既存のプレパラート(動物組織・植物組織)の観察を行い、本時は、各班(2人構成)でプレパラートを製作して「オオカナダモ(アナカリス)の観察」及びスケッチを行いました。本来なら顕鏡しながらスケッチするのですが、各自がスマートフォンで撮影したものをスケッチしました。この方法なら、じっくりと観察できると同時に、画面をピンチアップすることで細部までも観察できました。生徒の中には、画像処理アプリを使用し、フィルタをかけて観察しやすくする者もいました。さすが情報電子科!。「画像を撮れば(スケッチしなくても)いいのでないか?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、「スケッチする」行為こそ、細部の観察に繋がるのです。スケッチは、「記録する」という目的のみならず、「深く観察する」という意味が含まれるのです。

立川地区災害防止ボランティア活動

 11月10日(火)、1年生173名が新居浜市立川地区災害防止ボランティア活動に参加しました。地域の方々にも協力していただき、道路側溝の泥かき、草刈り、落ち葉清掃など、約2時間汗を流しました。生徒たちはこのボランティア活動を通して、防災・減災の大切さを学ぶとともに、地域の方々とのつながりを強め、共助の意識を高めています。

インターンシップ活動報告④(3日目)

 インターンシップ3日目を迎えました。
 3日目になると緊張も和らぎ、積極的にコミュニケーションをとっている生徒の姿が見受けられました。作業に関しても、積極的に作業に取り組み、真剣な態度でインターンシップに臨めています。部活動で学校に来た2年生に話を聞くと「初めてやる作業ばかりだが、新鮮で楽しい」や「やっている作業にやりがいを感じる」などポジティブな意見ばかりで、非常に有意義な時間を過ごさせていただいています。

インターンシップ活動報告③(2日目)

 インターンシップ2日目を迎えました。インターンシップ初日は企業説明や工場見学、安全研修などがあり『企業について、仕事について、安全について』よく知ることができました。生徒は緊張していましたが、企業の皆さまからやさしいお声がけをいただき、コミュニケーションをとることもできていました。
 二日目からは多くの企業で作業をさせていただいています。幅広い分野の企業様にインターンシップをさせていただいているため、学校、学科では学ぶことのできない専門的な作業をさせていただいています。初めてやる作業ばかりですが、真剣に作業に取り組んでいる生徒の姿が見えました。また、社員の皆さんの仕事に対する姿勢を目の当たりにすることで、各々が勤労観や就業に対する意識が向上していると感じます。
 企業の皆さま、来週からもよろしくお願いします。

インターンシップ活動報告②(片上工務店)

 インターンシップ初日、片上工務店にお邪魔しました。
 片上博登社長より会社概要説明などがあった後、実際に高所作業で必要不可欠なハーネス(安全帯)の装着についての講習会がありました。
 生徒たちは初めての装着で手間取りましたが、社長や奥様のレクチャーによりしっかり装着できました。お借りしている自社特注製の作業着に身を包み、ハーネスをまとった生徒に制服姿とは違ったりりしさを感じました。
 これから7日間よろしくお願いします。

インターンシップ活動報告①

 2年生が本日から11月13日(金)までの7日間、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施します。
 各事業所の皆様には、お忙しい中、新居浜工業の生徒のために貴重なお時間を割き、インターンシップに協力していただき、ありがとうございます。
 生徒は初日ということもあり、緊張していましたが一生懸命作業に取り組んでいました。学校では学べない多くのことを学び、成長してくれると思います。

3年芸術鑑賞会 坊っちゃん劇場「~おかやま桃太郎伝説~ 鬼の鎮魂歌(レクイエム)」

 10月29日(木)に、第3陣として3年生が坊っちゃん劇場へ行ってきました。
1、2年生同様、感染予防対策として、バスの乗り降り時に消毒や、乗車人数最大30人、劇場では一席ずつ空けて座りました。
 生徒から「予想以上に舞台装置が立派で、内容も感動的であった」、独身担任から、なぜか「結婚?について考えさせられた?またもう一度行きたい」の感想が寄せられました。
 感染症対策として、午前・午後に分けて、2日間で3回とハードスケジュールの中、上演していただいた関係者の皆様に心から感謝します。
 コロナ禍の中、学校を飛び出し、貴重な文化的体験とちょっと遠足気分も味わえました。

【相互授業参観期間④】『ちょっと授業拝見(くらしと環境化学編)』

 10月28日は、本校の相互参観授業と県立学校初任者研修授業研修会を兼ねて、県内の高校からも若手の先生方にもいただき、授業研修会が開催されています。
 締めくくりは、本校のベテラン教員による模範授業で、環境化学科長井原教諭による環境化学科3年学校設定科目の「くらしと環境化学」の授業です。
 主題は『担子菌類によるバイオレメディエーションの可能性を知る』です。くらしの中で地味に活躍する「キノコ」の可能性について学びました。

 

2年芸術鑑賞会 坊っちゃん劇場「~おかやま桃太郎伝説~ 鬼の鎮魂歌(レクイエム)」

 10月28日(水)に引き続き、10月29日(木)は2年生が坊っちゃん劇場へ行ってきました。
 先日同様、感染予防対策として、バスの乗り降り時に消毒や、乗車人数最大30人、劇場では一席ずつ空けて座りました。
 初めて観劇を見る生徒が多く、感想を聞いてみると、『見る前はどうなんだろうと思ったが、実際に見るとおもしろかった』や『役者の人たちの声や動きがすごく、感動した』などなど、十二分に観劇を楽しんでくれたようです。
 昼食は公園で取り、少しではありますが遠足の気分を味わえたかもしれません。

1年芸術鑑賞会 坊っちゃん劇場「~おかやま桃太郎伝説~ 鬼の鎮魂歌(レクイエム)」

 10月28日(水)、天候にも恵まれ、1学年全体で東温市にある坊っちゃん劇場へ行ってきました。
 文化祭の学校行事を中止としたため、代わりに文化的体験として実施されました。
 感染予防対策として、バス乗車人数最大30人、劇場では一席ずつ空けて座るようになります。
 1学年全体で校外へででることは今年度初めてで、上映時間2時間はあっという間でした。
 またスタッフの方からは「大変気持ちよく観て頂けて良かったです」との褒めの言葉をいただけました。
 新居浜工業も芸術・文化の秋です。明日は、午前中2年生、午後からは3年生が観劇させていただきます。

【相互授業参観期間③】『ちょっと授業拝見(化学工学編)』

 10月28日は、本校の相互参観授業と県立学校初任者研修授業研修会を兼ねて、県内の高校からも若手の先生方にも参加していただき、授業研修会が開催されています。
 今回は、環境化学科三島教諭による環境化学科2年「化学工学」の授業で、主題は『流れのエネルギー収支 ベルヌーイの定理』です。
 少し難しいテーマでしたが、さすが工業専門の環境化学科の生徒たちです。計算問題や実験・検証に積極的にクリティカルシンキングを発揮していました。
 外部からや相互授業参観による参観者も多く、活気あふれるすばらしい授業でした。