平成30年度 新工日記

進路体験発表会

23日(水)の7時限目に、3年が進路決定において経験した内容を後輩に伝える進路体験発表会を実施しました。
 3年生は、後輩の皆さんが理解しやすいようにと、事前に内容を準備してくれていていました。1,2年生は、先輩の経験を来年度以降に生かすために、質問をしたりメモを取ったりしていました。一次試験で不合格になったという3年生は「不採用になって初めて自分の力不足を実感した。その後の気持ちの切り替えに時間がかかる。後悔しないように今のうちに努力しましょう」と下級生にアドバイスしていた。3年生の皆さん、後輩のためにありがとう!有終の美を飾りましょう!

課題研究発表会(環境化学科)

1月22日(火)、2~4時間目に環境化学科の課題研究発表会が実施されました。
 発表は、タブレットPCを用い、タブレット操作(デジタイザペン・タッチ操作)する方法で実施されました。生徒は、ツール上のレーザポインタや動画を駆使して発表し、実物の作品を紹介する場面もありました。

課題研究発表会(電気科)

1月17日(木曜日)電気科3年生による課題研究発表会が実施されました。
 発表テーマは「ソーラーカーの製作」「これからの日本で一番適している発電方法について考える」「行灯の制作~あかりのおもてなし~」「バッテリーカーの製作」「非接触磁界共鳴方式によるワイヤレス電力伝送の研究」「赤外線通信の研究」「マイクロロボコンの制作」「自動回転式バームクーヘン作成機の製作」でした。各班とも研究や製作した成果を1・2年生に対し分かりやすく発表していました。

企業見学(電気科1年)

1月21日(月曜日)電気科1年生が㈱レクザム西条工場、今治造船㈱西条工場、花王サニタリープロダクツ愛媛㈱を見学しました。
 ㈱レクザム西条工場では、魚粉探知機のセンサー部等の製造過程を見学しました。西条工場は「環境エコパークトリー」として水素関連事業も手がけるそうです。今治造船㈱西条工場では、ドック内やヤード内で船ができていく過程を見学しました。建造された長さ400mのコンテナ運搬船も間近で見ることができ、すべてのものが規格外の大きさで、その迫力に圧倒されました。花王サニタリープロダクツ愛媛㈱では、紙おむつの加工生産風景を見学しました。また、高吸収性ポリマーと透湿シートの実験など興味を持って活動することができました。各企業様ともお忙しい中生徒たちのために時間を取っていただきありがとうございました。

企業見学(電子機械科1年)

1月15日(火曜日) 電子機械科1年生が㈱谷口金属熱処理工業所、㈱長曽鉄工所、花王サニタリープロダクツ愛媛㈱、㈱コスにじゅういちを見学しました。㈱谷口熱処理工業所では、鋼の熱処理を見学しました。実際に焼入れしているところを見せて頂きました。㈱長曽鉄工では、小物部品の加工方法を見学し、精度がよく品質の良い製品を見せて頂きました。花王サニタリープロダクツ愛媛㈱では、日用品の加工生産風景を見学しました。また、紙おむつなどに使用されている高吸収性ポリマーと透湿シートの実験をさせて頂きました。㈱コスにじゅういちでは、アルミの加工や溶接について勉強しました。生徒たちは、高度な技術に触れ興味を持って見学していました。各企業の皆さんからいろいろとご親切な対応とわかりやすい説明をしていただき、大変有意義な時間を過ごすことができました。貴重な時間をありがとうございました。

第3学期始業式

 本日より第3学期が始まりました。
 始業式では、校長より、「今年一年の目標」の大切さについてお話がありました。20年間ヒッチハイクで日本一周をしている自称「旅人」の方の学び・気付きの5つの言葉の紹介がありました。そして、3学期が「校門が笑っている学校」において、「心の石」が磨かれ、光り輝く、素晴らしい、仕上げの学期となることを期待した式辞がありました。
 また、始業式に先立ち、第14回高校生ロボットアメリカンフットボール愛媛県大会、第14回昭和シェル石油環境フォト・コンテスト、平成30年度校内読書感想文コンクール、平成30年全国地域安全運動統一標語、平成30年度全国暴力追放運動暴力排除標語の伝達表彰が行われました。 その後、ジャパンマイコンカーラリー2019全国大会に出場する電子機械部の壮行会が行われました。

第14回高校生ロボットアメリカンフットボール愛媛県大会

12月27日(木)、本校大会議室で第14回高校生ロボットアメリカンフットボール愛媛県大会が開催されました。
 県下7校の高校が集まり、全国大会を目指して白熱した試合が展開されました。生徒たちは最後までよく頑張り、準優勝という素晴らしい結果をいただきました。来年2月17日に神奈川県で開催される全国大会に出場することができました。全国大会でも頑張ろうと思います。ありがとうございました。

西条市駅伝競走大会

12月23日(日)に西条市駅伝競走大会が西条ひうち陸上競技場周辺コースで行われました。
 本校からは、陸上競技部が一般男子Ⅱ部に出場しました。先頭集団を追いかけるレース展開となりましたが、最終区で3位まで順位を上げ、ゴールしました。各選手が各区間を責任を持って粘り強く走りきることができ、チーム一丸となり襷を繋ぐことができました。

第二学期終業式

 本日は、SHR・大掃除の後、体育館で終業式が行われました。終業式終了後には、生徒課長より冬休みの生活に関する諸注意を受け、各教室に戻り、ホームルーム活動が行われました。
 終業式では、校長より、今学期を振り返って生徒が努力し成果をあげた内容、「自反尽己」の紹介で「人のせいにしない。言い訳をしない。自分の成長のために、自分を反省し、気付き、学び蓄えていく。このような生き方が、自分の成長につながる。」という、お話がありました。また、本館入り口に貼ってある新居浜工業高校のPRポスター「ものづくりの未来が見える」について紹介されました。

生徒会任命式

 12月20日(木)校長室にて生徒会任命式が行われました。
 任命証の授与を生徒会長、副会長の順で行われました。最後に校長先生から新役員に対して激励の言葉、旧役員に対してねぎらいの言葉をかけました。

非行防止教室

 本日、10時45分より、本校体育館で「平成30年度非行防止教室」が行われ、新居浜警察署 生活安全課 の先生を招き、ご講演をいただきました。講演では、少年非行の現状、スマートフォンの普及によるSNS関連トラブル、薬物乱用の恐ろしさなどのお話いただき、身の回りにいろいろな犯罪の危険性があることが分かりました。特に、何気なく利用している携帯電話・スマートフォンについては、十分に気をつけなければならないことを再認識しました。ご講演の内容を肝に銘じ、規律ある生活を心がけたいと思います。

グループマッチ

 グループマッチが、ドッジボール、バスケットボール、卓球の3種目に分かれて実施されました。雨の影響で、サッカーは、ドッジボール変更され実施されました。ドッジボールとバスケットボールはトーナメント形式で、卓球は総当たりで試合を行いました。各種目の学年別優勝は、ドッジボールー(1年:電気科、2年:電気科、3年:電気科)、バスケットボール(1年:機械科、2年:機械科、3年:環境化学科)、卓球(1年:機械科、2年:電気科、3年:機械科)でした。その結果、平成30年度グループマッチの総合優勝は、電気科となりました。本日のグループマッチは、寒い中でも生徒たちは元気に活動し、体も心も鍛える学校行事となりました。

非常変災訓練

 学校において万一火災・地震などが発生した場合、これに伴う人的・物的被害を最小限にとどめることを目的に非常変災訓練が午後の時間帯に実施されました。避難訓練は、全校生徒がグラウンドに集合しました。その後、高層階からの避難訓練・初期消火訓練を行いました。

鹿森ウォーク

 長距離を歩くことにより、体力・精神力を養い、協力や挑戦することの大切さ、歩けることの喜びや自然の雄大さを知ることを目的として鹿森ウォークが実施されました。学校から立川自治会館を経由し学校に帰る行程で、参加者全員が完歩できました。生徒たちは、友だちと励まし合い、和気あいあいと最後まで歩き続けることができました。

主権者教育講演会

 12月11日(火)体育館で主権者教育講演会が行われました。
 NPO法人NEXT CONEXION代表の越智大貴さんをお招きして、「シティズンシップ(主権者意識)を育むトレーニング講座」という演題でご講演頂きました。選挙年齢が18歳に引き下げられ高校生も有権者となりましたが、「政治」といってもどこか難しくて自分とは関係ない世界のように感じてしまいます。今日のお話はそういった主権者としてのネガティブなイメージを変えてくれるきっかけを作ってくれました。「世界」や「国」といった大きなものではなく、自分がいま生きている身近なよのなかから考えていくことが主権者意識を育むうえで大切なことなのだと教えて頂きました。まずは「クラス」や「学校」などの身近なものをより良くすることを考え、その思いを話し合い、実行に移す。そうしたほんとうの経験によって自分自身の主権者意識を育てていってもらえればと思います。

企業見学(電気科)

 12月10日(月)電気科1年生が、愛媛スゴ技企業に選ばれている「株式会社タステム」を企業見学させていただきました。
 タステムでは、アルミサッシや防火扉などの建築関係の金属加工やクレーンの運転室の製造を行っており、レーザー加工機やベンダなどの大きな機械、粉体塗装の仕組みに興味を持って見学をしました。また、社会人と学生の違いについての講義もあり、進路決定後の心構えを学ぶことができました。

後期生徒総会

 本日、放課後に体育館で生徒総会が行われました。
 生徒総会は、①定員確認、②開会宣言、③議長選出、④生徒会会則の変更、⑤前期活動報告、⑥後期生徒会執行委員会承認及び後期活動方針の順に実施されました。

企業見学(情報電子科)

 12月6日(木曜日) 情報電子科科2年生が、おべ工業株式会社と愛媛小林製薬株式会社を見学しました。
 おべ工業株式会社では、クレーンの製造工程を見学させていただき、愛媛小林製薬株式会社では普段私たちが使用している商品の製造工程を見学させていただきました。分野は違いますが、各会社それぞれの特徴があり、大変有意義な時間を過ごすことができました。また、各企業の皆様からいろいろとご親切な対応とわかりやすい説明をしていただきました。貴重な時間をありがとうございました。 

生徒会役員選挙立会演説、選挙

 本日、生徒会役員選挙立会演説、選挙が行われました。
 出席生徒の人数確認後、立候補者の紹介が行われ、応援演説および立候補者の演説が実施されました。選挙管理委員より注意事項の説明があり、その後、各ホームルーム教室で投票が行われました。

インターンシップ発表会(電子機械科)

 12月5日(水)の6・7限に2年電子機械科の生徒たちによるインターンシップ発表会が行われました。
 発表を行う2年生は1人ずつ、1年生の前で8日間(11/6(火)~15(木))の就業体験で学んだことや感じたこと、今後の目標などを発表し伝えました。1年生も真剣に聞き来年の参考になったと思います。

アオノリュウゼツラン

 7月から8月にかけて、本校体育館北側で花を咲かせていたアオノリュウゼツランの状況を報告します。
 花の部分は枯れていますが、まだ、茎の部分はしっかりと立っています。しかし、葉の部分が少し枯れはじめていました。

全校集会

 本日、第2学期の期末考査が終了しました。期末考査終了後、全校集会があり、表彰伝達と生徒課長注意が行われました。
 表彰伝達では、第21回マイコンカーラリー四国大会(電子機械部)第32回愛媛県高等学校総合文化祭(感謝状)の表彰が行われました。【詳細は、リンク先の新工日記を御覧ください。】
 また、試験終了後の生活等について、生徒課長より、お話がありました。

第21回マイコンカーラリー四国大会

大会報告~電子機械部~
 11月18日(日)に香川県立高松工芸高等学校において、「第21回マイコンカーラリー四国大会」が行われました。
 本校からはAdvanced Class2台、Basic Class8台が参加し、全員が完走することができました。 結果は、Advanced Classは合田君が3位、神野君が4位で入賞。Basic Classでは尾田君が7位、宮﨑君が8位入賞でした。また、Basic Classは団体準優勝。越智君が努力賞を受賞しました。Advanced Classの合田君は、1月に東京都八王子市で開催される全国大会に出場します。昨年の大会より0.01秒でも良いタイムを残せるように、頑張ります。

職業能力開発促進大会

 本校生徒が、平成30年度愛媛県職業能力開発促進大会で技能検定優秀者として表彰されました。
 技能検定は「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」であり、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的としています。
 表彰された生徒は、愛媛県職業能力開発協会長賞[神野晃輝くん(情報電子科3年・シーケンス制御2級)、大西祥互くん(機械科3年・普通旋盤3級)、倉橋佳乃斗くん(電子機械科3年・電子機器組立て3級)]です。

出前授業「新居浜西中学校にて実施」

 11月20日3~4限目の2時間、新居浜西中学校で出前授業を実施しました。
 環境化学科3年生3人が、市内のキノコ生産企業と協同で開発した「化学実験キット」を活用して、キノコの酵素を確認する実験と、本校のキノコの化学研究についての成果の報告を行いました。
 事前に実施したアンケートでは、「キノコを食べるのが嫌い」を含め、キノコに対してネガティブなイメージを持っていた生徒が8名いました。しかし、授業後のアンケートでは「キノコのことを好きになった」と答えていただきました。その理由は、「キノコのことを詳しく教えていただいたから」、「地球環境に役立つキノコがすごいと思ったから」などでした。
 中学生の皆さんに今回の授業で、キノコを身近に感じ、キノコの有用性を実感していただけました。

 

企業見学(電子機械科)

 11月20日(火曜日) 電子機械科1年生が㈱一宮工務店エンジニアリング本部、登尾鉄工㈱、㈱小野鐵工所、ユースエンジニアリング㈱を見学しました。
 ㈱一宮工務店エンジニアリング本部では、溶接やプレス機などを見学、登尾鉄工㈱では、建築鉄工の加工方法を見学、㈱小野鐵工所では、ワイヤ巻取ドラムの加工方法を学び、ユースエンジニアリング㈱では、シーケンス制御やロボットの制御を見学させていただきました。生徒たちは、高度な技術に圧倒されながら見学していました。各会社それぞれの特徴があり、大変有意義な時間を過ごすことができました。また、各企業の皆さんからいろいろとご親切な対応とわかりやすい説明をしていただきました。貴重な時間をありがとうございました。

東予ものづくり祭2018 in イオンモール新居浜 情報電子部

 11月18日(日)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭の「ものづくりスゴ技対決」(空き缶コプター滞空対決)におきまして、情報電子部A・B・Cの3チームが参加しました。
 1つの空き缶を切断、折り曲げ加工をし、製作された空き缶コプターの滞空時間を競う競技です。多くの企業や学校が参加し、全24チームの参加があった中、情報電子部Bが決勝まで進み、見事準優勝に輝きました。各チームごとに特徴があり、企業が製作した空き缶コプターは、企業の技術力の高さが見られ良い勉強になりました。

東予ものづくり祭2018 in イオンモール新居浜 情報電子部・環境化学部(科)

 11月17日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭の体験ワークショップに情報電子部と環境化学部(科)が参加しました。
 情報電子部では「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」の3つを行い、環境化学部(科)では「ペットボトルラベルでしおりづくり」を行いました。子どもはもちろんのこと、保護者の方々にも楽しんでいただけたと感じます。今回の活動でものづくりの楽しさを多くの方に伝えることができ、有意義な体験となりました。
 また、17日(土)、18日(日)の両日とも、イオンモール新居浜のセンターコートにおきまして、機械科、電子機械科、電気科、環境化学科のものづくり展示を行いました。それぞれの特色を生かしたものづくり展示となり、多くの方に足を止めていただきました。本校のものづくりに対する取り組みを知っていただけたと感じます。




エネルギー教育に係わる学習会

 電気科3年生19名が11月15日(木)に茨城県にある核燃料サイクル工学研究所、原子力科学館に見学に行きました。
 核燃料サイクル工学研究所では放射性廃棄物の地層処分などについて説明をうけて理解を深めました。原子力科学館では原子力発電所の仕組みを学びました。生徒は興味をもって見学をしていました。

3年遠足

 11月14日(水)にレオマワールドにて3年生が遠足を実施しました。
 絶叫系のアトラクションに並んだり、観覧車に乗ったりとそれぞれの一日を楽しんでいました。

第五回四国照明デザインコンテスト

 10月13日(土)に香川県高松市にて第五回照明デザインコンテストが行われました。
 本校からは電気部から2チーム出場しました。「チーム新工」が三菱電機住環境システムズ賞。「チーム祭り」が日亜化学工業賞をそれぞれ受賞しました。先日表彰状が届きました。

研究授業(情報技術基礎)

 本日、3時間目に環境化学科1年生において、高橋先生による「情報技術基礎」の授業が行われました。
 ICT機器を使用した授業展開で、生徒たちはBASICによるプログラミング学習に熱心に取り組みました。

高文祭開会式閉会あいさつ

 11/16(金)愛媛県高等学校総合文化祭の総合開会式が、ひめぎんホールメインホールにて開催されました。
 電気科3年紙本立暉(りつき)君は、その閉会のことばを担当し、約2,000人のお客様の前で堂々と1分間のスピーチを行いました。当日は、手話通訳との合わせ練習をこなしながら、ステージ上の多くの人たちの演出の中、緊張を全く感じさせない、落ち着いた立ち振る舞いで観客を魅了し、大きな拍手をいただきました。

研究授業「国語総合」

 本日2時限目に国語科窪田教諭による「国語総合」の研究授業が行われました。古典「徒然草」より「高名の木登り」を学習しました。ICT機器を活用して「ある人、弓射ることを習ふに」との「比べ読み」を実践した興味深い内容でした。

インターンシップ実施報告2

11月6日(火)~15(木)のうち8日間を利用して、本校の2年生が、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施させていただきました。各事業の皆様には、8日間お忙しい中、新居浜工業高校生のために貴重なお時間を割き、インターンシップにご協力していただき、ありがとうございました。生徒たちから、実のあるインターンシップであったとの報告がありました。この後、各科でインターンシップの発表会が予定されております。


バドミントン部 新人戦県大会

 11月10・11日(土・日)にバドミントン新人戦県大会が行われました。
 結果は、団体戦においては、決勝戦では敗れてしまいましたが、準優勝でした!個人戦では、ダブルスで飯尾・平井と近藤・三谷がベスト8、シングルスで平井、武野、佐々木、山本、濱岡がベスト16に入りました。今後はさらに上位に進出できるようにがんばります。

バドミントン部 滋賀強化遠征

 11月3・4日(土・日)に滋賀県強化競技会にお誘いいただき、強化遠征に行きました。
 滋賀県、石川県、長野県、岡山県の上位校が集まり、試合を行いました。全体的にかなりレベルが高く、負ける試合が多かったですが、得られるものも多い遠征となりました。

若宮地区文化祭(情報電子部)

 11月11日(日)、旧若宮小学校で開催された若宮地区文化祭に、昨年に引き続き情報電子部が参加しました。
 プログラミングとLEDを使ったものづくり体験を行い子供たちや地域の方々に、喜んでいただきました。また、UFOキャッチャー、コインゲームや各種電子回路など、部活動で製作したものづくり作品を使って、楽しい時間を過ごしてもらうことができました。

建設機械の操作体験実習

 11月12日(月)、本校1年生を対象に新居浜市東田で建設機械の操作体験実習を開催しました。
 今年で4年目になるこの実習は、新居浜建設業協同組合様のお世話により、新居浜市様、協賛をいただいた企業の皆様の御協力のもと実施されました。クレーンやバックフォー、高所作業車、不整地運搬車、ドローンを実習用に提供していただき、オペレーターの方々の御指導のもと、楽しく充実した実習が行われ、建設業の仕事について学ぶことができました。お世話いただいた皆様、ありがとうございました。

インターンシップ実施報告

 本校の2年生が11月6日(火)より、新居浜市・西条市・四国中央市の各事業所でインターンシップを実施しています。今日で4日目です。この間の状況を写真で報告いたします。各事業所の皆様には、お忙しい中、新居浜工業の生徒のために貴重なお時間を割き、インターンシップにご協力していただき、ありがとうございます。

バドミントン部 新人戦東予大会

 10月27・28日(土・日)にバドミントン新人大会東予地区予選が行われました。
 今回、県内では初の新しいユニフォームで臨みました。
 結果は、団体戦で、優勝!個人戦ダブルスでは、飯尾・平井が優勝、武野・佐々木が準優勝、近藤・三谷が第3位となりました。石川・山本は惜しくもベスト4を逃しましたが、ベスト8となり県大会に出場します。個人戦シングルスは、飯尾が準優勝、山本と濱岡がともに第3位、平井、武野、佐々木がベスト8、近藤と三谷がベスト16となり、シングルスに出場した8名全員が県大会に出場できます。県大会でも上位進出を目指して頑張ります!!

新居浜特別支援学校 文化祭

11月3日、新居浜特別支援学校の文化祭に電気科で製作したキャラクター号の運行を行いました。生徒、地域の子供など多くの子供たちに乗っていただき、楽しんでいただきました。

インターンシップ事前指導

 11月6日(火)~15日(木)の土日を除く8日間に実施されるインターンシップの直前指導が4限目に実施されました。事前指導では、インターンシップの実施確認や諸注意のあと、事業所別に分かれて担当の先生方から説明がありました。その後、生徒たちは直接各事業所に事前打合せのための電話を行いました。そして、訪問時間を確認し、挨拶をするため各事業所へ向かいました。
 各事業所様には、8日間という長い期間になりますが、生徒たちのために、ご協力をよろしくお願いします。

登道ボランティア

 11月4日(日)に登道商店街で開催された「百縁笑店街&さんさん産直市」において、小学生以下の子供たち対象にものづくり工作教室が実施されました。その講師として、情報電子部の生徒5名がお手伝いをさせていただき、電子オルゴール(クリスマスバージョン)やプラスチック板キーホルダー作りについて、子どもたちの目線に立ち優しく指導することができました。参加した子供たちや保護者の皆さんに大変喜んでいただき、ものづくりの楽しさを知っていただけたと感じます。生徒たちも多くの方々とコミュニケーションを図ることができ良い体験となりました。

研究授業

  平成30年11月2日(金)情報電子科2年生の専門教科「プログラミング技術」において、「プログラミング技術の応用」の研究授業が行われました。生徒たちは実際にカードを並び替えたり、タブレット等のICT機器を利用した授業に意欲的に取り組んでいました。

エネルギー教育に係る学習会

 電気科3年生12名が11月1日(月)近畿大学原子力研究所、2日(火)関西電力堺港発電所に見学に行きました。近畿大学原子力研究所では原子力発電の仕組みや発電以外の利用方法などについて説明をうけて理解を深めました。関西電力堺港発電所では火力発電所の仕組みを学びました。生徒は興味をもって見学をしていました。

企業見学(環境化学科1年)

 本日、環境化学科1年生は、四国電力株式会社 西条発電所と松山太陽光発電所の2ヶ所の企業見学を実施しました。西条発電所では、火力発電の仕組等の講話の後、西条発電所の2号機のボイラーを見学させていただきました。講話の中で、環境問題の配慮として木質バイオマスが使用されていることや、石炭火力発電所の発電課程で発生する石炭灰や電気集じん機から発生するフライアッシュやセッコウなどがコンクリートやセメントの原料として利用されているお話がありました。松山太陽光発電所では、エネルギーミックスのS+3Eなど、電力の基本的な講話をしていただきました。また、二酸化炭素などの排出にかかわる環境問題などのお話もありました。
 今回の企業見学で学んだことは、環境化学科の「セラミック化学」「地球環境化学」の授業と同じ内容であり、生徒たちにちって、勉強になったと思います。
西条発電所

松山太陽光発電所

全校集会

 本日は全校集会があり、表彰伝達と校長講話がありました。
 表彰伝達では、第73回国民体育大会ウエイトリフティング競技(優勝)、第12回マイクロロボコン高校生大会愛媛大会の表彰がありました。
 校長講話では、職員室前に貼られているポスター「君たちはどう生きるか」(えひめジョブチャレンジU-15)について、校長よりお話がありました。