平成31年度 新工日記

【防災・減災】本校は津波避難ビル(避難所)に指定されています

 1月17日阪神淡路大震災から25年が経ちました。年月が経過しても決して忘れてはならない大災害です。
 私たちは、教訓として生かし、亡くなられた方々の分まで、より一層防災・減災を意識して生活し、生命を大切にしなくてはなりません。
 本校の正門横には、新居浜市から指定された写真のような津波避難ビルとしての表示があります。
 表示にもありますが、津波を伴うような大地震が発生した場合は、想定される津波の高さが3.4mとなっていますので、2階以上に避難してください。

全校集会

 1月19日の全校集会で、英語科の藤本直人先生による講話がありました。藤本先生からはフィリピンに行ったときのお話がありました。
 フィリピンでは、ストリートチルドレンという家族がおらず食べるものがなく、路上で寝泊まりし、生きることに必死な子供がいる。日本では、恵まれた環境で生まれたにもかかわらず大きな夢に向かって挑戦しない人たちがいる。その現状を見て、充分な食べ物がなく飢えで苦しんでいる人のことを横目に、食べ物を捨てることと同じであると思いました。いくらでも夢に向かって挑戦できる環境であるのに、言い訳をや他人のせいにすることで成長することはありません。成長もせず夢も叶わないため常に理想の自分を追い求めて日々の生活を過ごしてほしい。

匠の技教室【環境化学科】

 1月9日(木)環境化学科「匠の技教室」が行われました。日本環境設計㈱代表取締役社長 髙尾 正樹先生を講師として迎え、環境化学科3年生を対象に講演と実技指導などを実施していただきました。
 「プラスチックごみを取り巻く世界情勢とマテリアルリサイクル」と題し、日本環境設計㈱の持つポリエステル樹脂(特にPET)のリサイクル技術を中心に講演いただきました。一般的なリサイクル技術とは、形を変えて再生使用することがほとんどですが、髙尾先生の開発したリサイクル技術は、化学の力でプラスチックを重合前の原料にまで戻し、再合成させられる技術で、国内企業のみならず世界的な大企業からも注目されていることが理解できました。また、このような最新の技術を解説していただくと同時に、技術者とは社会問題を解決することが使命であり、広い視野で社会問題を正しく理解しなければならないことも教えていただきました。とても素晴らしい講演をありがとうございました。

全校集会

 始業式に先立ち、全校集会が行われ、第15回高校生アメリカンフットボール愛媛県大会【準優勝】、令和元年度校内読書感想文コンクール【最優秀、優秀】、第36回愛媛県高等学校ホームプロジェクト【佳作】の表彰伝達が行われました。
 また、令和元年度第20回四国高等学校ウエイトリフティング競技選抜大会【重量挙部】、ジャパンマイコンカーラリー2020全国大会【電子機械部】の壮行会も行われました。