東予ものづくり祭2019 in イオンモール新居浜【情報電子部・環境化学部】

 11月16日(土)にイオンモール新居浜で行われた東予ものづくり祭2019の体験ワークショップに、昨年度に引き続き、情報電子部と環境化学部が参加しました。
 情報電子部では「フルカラーLEDによる光の3原色回路の製作」、「レゴロボットでプログラミング体験」、「レゴカー操作体験」の3つを行い、環境化学部では「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」を行いました。情報電子部の「レゴカー操作体験」では、2台の車型ロボットで相撲を行い、その場で初めて出会った子どもたち同士で対決するなど、コミュニケーションを図る手段として用いることができ、多くの子どもたちが白熱した対決を繰り広げていました。
 環境化学部の「ペットボトルラベルでecoしおりづくり」では、子どもだけではなく多くの保護者の方にも体験していただき、環境問題やecoについて少しでも身近に考えていただけたと感じます。どの活動も多くの子どもはもちろんのこと、保護者の方々にも楽しんでいただけたと感じます。今回の活動で、ものづくりの楽しさを多くの方に伝えることができ、有意義な体験となりました。
 本校生徒たちも多くの方々とコミュニケーションを図り、子どもの目線に立ち説明や活動を行うことで、良い経験が出来たと感じております。ありがとうございました。また、16日(土)、17日(日)の両日とも、イオンモール新居浜のセンターコートにおきまして、機械科、電子機械科、電気科、環境化学科のものづくり展示を行いました。それぞれの特色を生かしたものづくり展示となり、多くの方に足を止めていただきました。本校のものづくりに対する取り組みを知っていただけたと感じます。