新居浜工業日記

「科学と人間生活」オオカナダモの観察

 情報電子科1年生「科学と人間生活」での顕微鏡を用いた観察実習の様子です。
 この実習は、1年生全クラスが実施しているものです。まず、オオカナダモ(ペットショップ等で、「アナカリス」という名前で、金魚やメダカの水草として販売されている)の若い葉を茎から1枚ピンセットでとり、スライドガラスにのせ、ピペットで水を1~2滴かけ、カバーガラスをかけてプレパラートを製作します。そのあと検鏡し、細胞壁や葉緑体などをスケッチしました。この実習で、顕微鏡の操作方法を習得するとともに、スケッチの方法を身につけ、植物細胞の基本構造を理解しました。また、葉緑体が細胞内で動くように見える「原形質流動」という現象を見ることができた班もありました。

タグ 理科