2018年6月の記事一覧

ホテイアオイ

新居浜西中学校さんからいただいたホテイアオイを、玄関前の池に浮かべました。見た目にも涼しく、また鯉にとっては、夏の日差しを遮るよい日よけにもなりそうです。ありがとうございました。

眞玉媛カイコ日記⑥

平成30年6月22日(金)
 カイコは、はるかに大きくなりました。日記は久々ですが、飼育は毎日やっていました。カイコの世話をするとき、葉っぱからカイコを取り外すことがとても大変です。脚の吸盤の吸着力が想像以上に強いのです。 葉っぱを食べ量も多くなっています。耳を澄ませば、雨が降っているのかと思うくらいザアザアと音がします。カイコが葉っぱを食べる音なんですが、口を見てみると、頭を上下に振りながら細かく刻んで食べ進んでいる様子がよくわかります。今は4令幼虫が大多数ですが、5令も少しずつ出現しています。5令幼虫になりはじめは約4㎝ですが、これからどのくらい大きくなるかがとても楽しみであり、心配でもあります。

企業見学(電子機械科1年生)

6月19日(火曜日) 電子機械科1年生が三光機械㈱、イズミ精機㈱、西原マシンツール㈱、㈲松川工業を見学しました。三光機械㈱では、天井クレーンの製造過程を見学、イズミ精機㈱では、プラスチック製品の金型製造を見学、西原マシンツール㈱では、工作機械のメンテナンス方法を学び、㈲松川工業では、圧延加工に使用するローラの製造方法を見学させていただきました。生徒たちは、初めて見る大きな機械に驚き、興味を持って見学していました。工場内の雰囲気を体験でき大変有意義な時間を過ごすことができました。また、各企業の皆さんがいろいろとご親切な対応とわかりやすい説明をしていただきました。貴重な時間をありがとうございました。

四国総体(陸上競技部)

6月16日(土)に四国高校総体陸上競技選手権大会1日目が香川県丸亀市Pikaraスタジアムで行われました。本校からは、愛媛県大会を勝ち抜いた大谷君が5000m競歩に出場しました。序盤からハイペースなレース展開となり、決勝第10位という結果に終わりましたが、県外の選手と競い合うことができ、貴重な経験となりました。

ALT来校

6月14日15日と2日間、ALTのカレイ・フレミング先生が来校し、英語の授業を行いました。

一日体験入学

本日、一日体験入学が行われ、約340名の中学生の皆さんが、新居浜工業高校にやって来ました。本校の生徒が中心となって、それぞれの学科の特色や学習内容の説明を行いました。また、参加した中学生は、その説明を熱心に聞いたり、実際に体験を行ったりしました。目的意識を持った多くの生徒の皆さんが、来年の春に入学してくることを楽しみにしています。

災害防止ボランティア

6月14日(金)、新居浜市の立川地区において、災害防止ボランティアを行いました。参加者は、1年生全員と関係教職員及び地域の方々です。道路周辺の除草や土砂の撤去、側溝の清掃などを行いました。見違えるようにきれいになり、また、これからの雨の多い季節に対する備えもできたことで地域の方々からは感謝の言葉をいただきました。今後も、地域と連携した活動に力を入れていきたいと考えています。

全校集会

全校集会があり、伝達表彰、四国大会壮行会、教育実習生あいさつが行われました。県総体・ものづくりコンテスト等の表彰伝達では、重量挙部、卓球部、バドミントン部、陸上部、機械部、情報電子部の表彰が行われました。(競技等の詳細は、新工日記をご確認ください。)表彰伝達後、校長より、講話がありました。四国総体壮行会は、出場するソフトテニス部、陸上競技部、卓球部、重量挙部、バドミントン部より各部抱負の発表がありました。現在、本校で教育実習を行っている実習生より、生徒全体に対して、実習生としてのお話がありました。
伝達表彰

四国大会壮行会、教育実習生あいさつ

眞玉媛カイコ日記⑤

平成30年6月12日(火)
 カイコが脱皮して2令幼虫になった。カイコは5回の脱皮を経て成虫となる。幼虫の間に4回の脱皮と蛹で1回の合計5回だ。いわゆる完全変態である。 もちろんであるが、生まれたてのころに比べると、はるかに大きくなり、糞の大きさも確実に大きくなっている。肛門も大きくなっているのだろう。そして大きな桑の葉も食べられるようになって大きく育つカイコを眺めていると、小さな生き物にも命があり、それは、かけがえのない大切なものであることを実感できている。