2019年5月の記事一覧

企業見学(環境化学科3年)

 5月28日(火)、環境化学科の3年生は、㈱ダイキアクシス2事業所の見学を実施させていただきました。
 午前は、D・oil事業部で、使用済み食用油のメチルエステル化、グリセリン除去、脂肪酸メチルエステル精製という一連のプラントを見学させていただきました。午後からは松山工場で、浄化槽の製造プラントを見学させていただきました。今回は、エネルギー事業と下水および飲料に関わる水処理事業を見学させていただき、愛媛のスゴ技を感じることのできた一日でありました。工業高校で環境化学を学ぶ生徒にとっては、学習している内容がどのように産業に生かされているのかを理解できた一日でもありました。御対応いただきました株式会社ダイキアクシスの皆様、ありがとうございました。

ものづくりコンテスト電子回路組立部門(校内練習会)

 5月25日土曜日に本校にて、電子機械科ならびに情報電子科代表生徒による【ものづくりコンテスト電子回路組立部門の練習会】を行いました。この練習会はものづくりコンテスト愛媛県大会前に行っており、競技の雰囲気や相手と競うことに慣れることを目的とし、実施しています。
 練習会では、電子回路製作およびプログラミング技術を競い、本番と同程度の内容で行いました。普段の練習と違って相手がいることもあり、どちらの生徒も緊張が見られましたが、最後まで一生懸命取り組んでいました。その後評価、改善点などを話し合い、自分たちに足りない部分を確認することが出来たと感じます。6月9日日曜日の愛媛県大会に向け頑張ります。

ものづくりコンテスト化学分析部門(合同練習会)

 5月18日土曜日に今治工業高校にて、ものづくりコンテスト化学分析部門の合同練習会が実施されました。
 この会は、松山工業高校工業化学科 今治工業高校環境化学科 本校環境化学科の3学科が合同で、分析化学技術の向上のために、そして愛媛県勢の全国大会上位入賞を目指して準備するための会です。本校からは、2年生と3年生1名ずつ参加し、水の硬度分析技術の滴定技術の詳細を学びました。日ごろ練習を重ねている方法でも、多くの目で観察してもらうことで、気づかなかったことに気づくことがありました。まずは、7月に行われる県大会での入賞を目指してがんばります。

主権者教育(3年)

 5月15日(水)7時限目のホームルーム活動において、3学年の生徒を対象に主権者教育を行いました。新居浜市の選挙管理委員会の方に講演をしていただき、そのあとは模擬選挙で実際に投票の体験をしました。どのように投票をするのか、またその舞台裏でどのような業務が行われているのかを具体的に写真等で学ぶことができました。今日の経験を活かして、これから手にする選挙権をより良く使ってもらいたいと思います。

主権者教育(1年)

 5月8日(水)7時間目のホームルーム活動において、1年生178名を対象に主権者教育が行われました。新居浜市の選挙管理委員会事務局の菅洋平氏による講演で、選挙の大切さを映像や資料を用いてわかりやすく丁寧に説明していただきました。特にクイズやアニメの映像は興味を引かれ、選挙への関心が高まりました。

全校集会

 全校集会があり、表彰伝達が行われました。表彰された団体等は、ハンドボール部(愛媛県高等学校東予地区総合体育大会 第2位)、陸上部(愛媛県高等学校東予地区総合体育大会 男子5000m競歩 第1位、男子八種競技 3位)、柔道部(愛媛県高等学校東予地区総合体育大会 個人男子100kg級 第3位)、バドミントン部(愛媛県高等学校東予地区総合体育大会 男子団体 優勝、男子ダブルス 優勝、第3位、男子シングルス 準優勝、第3位)でした。