2019年8月の記事一覧

夏季補習(3年生)

 8月22日(木)より28日(水)まで、就職・進学に向けて、3年生を対象に夏季補習を行いました。
 補習科目は、国語、数学、英語、作文などでした。夏休みの終盤ですが、9月中旬より就職試験が開始されるので、みんな熱心に授業を受けていました。また、担任や科の先生方に指導してもらいながら、履歴書等の清書や面接練習も行っています。
 まもなく夏休みも終わり、いよいよ勝負の瞬間を迎えます。

情報電子部活動報告【3DCGの制作】

 情報電子部の活動報告です。
 パソコンを用いた3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)の制作を行っています。3DCGはアニメやゲームのキャラクター作成だけではなく、3Dプリンタで造型するデータの制作にも利用することが出来ます。また、立体的な物体の見方、考え方や、駆動方法などを考えパソコンで立体物のデータを制作することができます。初めて間もないころは立体的な考えをすることが難しく、奥行きや内部構造などのイメージに手間取りましたが、数を重ねることで立体的な物体の考え方が少しですが分かるようになってきました。今後も知識や技術を高めていけるよう頑張ります。

登道ボランティア【2回目】(情報電子科・情報電子部)

 8月25日(日)に登道商店街で開催された「百縁笑店街&さんさん産直市」において、小学生以下の子供たち対象にものづくり工作教室が実施されました。その講師として、情報電子部、情報電子科の生徒計7名がお手伝いをさせていただき、ひかり電子草笛の製作やプラスチック板キーホルダー作りについて、子どもたちの目線に立ち優しく指導することができました。参加した子供たちや保護者の皆さんに大変喜んでいただき、ものづくりの楽しさを知っていただけたと感じます。
 今年度2回目の登道ボランティアということもあり、生徒たちも前回よりも多くの方々とコミュニケーションを図り、前回の反省点・改善点を修正し、より良いものにしようとする頑張りを見ることができ、とても良い体験となったと感じます。

夏季休業中の散水当番

 本校では、クラス毎に散水当番を決め、庭園の散水、校内各所の清掃、ゴミ箱のごみの処理などを行っています。
 8月19日は環境化学科1年の当番日でした。雨のため、庭園の散水は中止としましたが、玄関前や庭園の清掃、各職員室等のごみの処理を行いました。

陸上競技新人大会東予地区予選会

 8月17日(土)~18日(日)に陸上競技新人大会東予地区予選会が西条ひうち陸上競技場で行われました。
 本校陸上競技部員が参加し、来月松山市で行われる愛媛県新人大会に7名の生徒が出場権を得ることができました。暑い中の大会となりましたが、3年生や卒業生も応援に来てくれ1・2年生にとって励みとなりました。

ロボットアメリカンフットボールイオンモール新居浜大会

 8月17日、電子機械部がロボットアメリカンフットボールイオンモール新居浜大会に参加しました。
 初めての大会となる1年生は、緊張しつつも真剣に競技に取り組んでいました。途中行われたワークショップでは、小さな子供たちにロボットの操作体験をしてもらいました。競技では課題も見つかり、今後の活動につなげていきたいと思います。

「溶接甲子園」(全国選抜高校生溶接技術競技会)【機械部】

 8月3日(土)、新居浜市の実技試験場において「溶接甲子園」(全国選抜高校生溶接技術競技会)が開催され、地区大会を突破し、全国から参加した37名の高校生が溶接の技術を競いました。
 本校からは、機械部の生徒2名が出場し、被覆アーク溶接部門で石山君が最優秀(第1位)という成績を収めました。石山君は、昨年の「溶接甲子園」でも最優秀という成績で、2連覇を達成しました。

エネルギー教育による交流会(電気部)

 8月1日(木)~8月2日(金)の2日間に電気部3年生3名が課題研究活動支援事業の交流会に参加しました。
 全国から10校が参加し、1日目は活動紹介、グループワーク等を行いました。2日目は浜岡原子力発電所に見学に行きました。生徒は2日間を通して積極的に活動することができました。8月29日、30日にも見学が予定されているので今回学んだことを生かしたいです。

第28回全国高等学校漫画選手権大会【美術部】

 8月3日(土)~4日(日)の2日間、高知県文化プラザかるぽーとにて第28回全国高等学校漫画選手権大会が行われました。
 第1次競技のテーマは、「よろこんでやらせていただきます」でした。事前に考えていたアイデアをもとに、5時間半という制限時間の中で4人で協力して作品を完成させました。審査の結果、決勝進出を逃したため、宿舎に帰って敗者復活戦に挑みました。敗者復活のテーマは「〇スポーツ」でした。事前に考えていたアイデアを思い切って変えて、アイデアを出すところからスタートし、夜中の0時まで集中して作品を仕上げました。結果、残念ながら敗者復活戦枠の5校には選ばれませんでしたが、全国という大きな舞台で堂々と立派に戦うことができました。レベルの高いペン児たちと戦えたことや、プロの漫画家の先生方からの講評も直々に頂けたことは一生の思い出となりました。また来年の大会に出場できるよう、日々の部活動においてもこの経験を生かして頑張ります。今後ともよろしくお願いします。

ものづくり教室

 8月7日、新居浜・西条・四国中央市の中学生64名が参加して「ものづくり教室」が開催されました。
 これは、見学中心の一日体験入学をさらに発展させた実習型の企画で、中学生に「ものづくり」の魅力を体感してもらうものです。各科の講座内容は、機械科『鉄の材料を使って「鉛筆立」を作ろう!』、電子機械科『ミニマイコンカーを走らせよう!』、電気科『手軽に持ち運べるハンディライトをLEDで作ってみよう!』、情報電子科『電子回路でサイコロを作ってみよう!』、環境化学科『環境配慮型「リメイクアート」』でした。
    参加した中学生たちは、担当の先生方から説明を受けながら、製作過程で自分なりの工夫したり、一つのものを完成させる喜びなどを体感しました。
    将来「ものづくり」を通して、新居浜・東予地域・愛媛県の工業・産業を支えませんか!