メインメニュー
学校紹介
工業科紹介
お知らせ
学校評価
事務課より
訪問数(2014.8.29〜累計)
今日 : 9292
昨日 : 193193193
総計 : 132549132549132549132549132549132549
愛媛県立新居浜工業高等学校のトップ

学校概要へ移動
line760-5

新居浜工業高等学校(正門)02新工みきゃん5兄弟みきゃんサークル新工
line760-5

平成28年度
次代を担う地域産業技術者育成事業
知的財産に関する創造力・実践力・活用力開発事業
地域を担う心豊かな高校生育成事業
自転車交通マナー向上対策実践指定校
line760-5

本校の行事予定表・お知らせへ移動新工日記(H28)新工日記(H27)新工日記(H26)愛媛県の歌へ移動新工同窓会に移動
line760-5

インフォメーション
最近の新居浜工業日記

2017年2月16日(木曜日)

生徒研究成果発表会

 本日5・6時間目に、各科から選ばれた生徒研究成果の発表会が行われました。3Dプリンタを用いてシャボン玉製造機を製作したり、無線通信技術の研究やArduinoと呼ばれるマイコンボードを用いた制御、防災ベンチの製作や食堂のうどんの茹で汁を活用したバイオエタノールの研究など、各科の特徴をいかした発表が行われました。
20170216seitokenkyu1.jpg

2017年2月13日(月曜日)

企業見学(環境化学科1年)

カテゴリー: - security-admin @ 11時33分08秒
 2月3日(金)環境化学科1年生が企業見学を行いました。午前中は坂出発電所、坂出グランドホテルにて昼食をとり、午後からは坂出LNG基地を見学しました。火力発電の仕組みや工程、液化天然ガスの貯蔵設備等を見学しました。生徒たちも積極的に質問するなど、意欲的に取り組むことができました。また、工場からは瀬戸内海にのびる瀬戸大橋が一望でき、絶景に見とれてしまいました。
20170213kigyoukengaku02.jpg

企業見学(情報電子科2年)

カテゴリー: - security-admin @ 11時32分41秒
 平成29年2月9日木曜日、情報電子科2年生が今治市に所在する渦潮電機株式会社みらい工場と檜垣造船株式会社本社工場・波方工場を見学しました。工場設備や作り出される船に圧倒され、また海事産業に携わる方々の人柄や仕事に対する姿勢を目の当たりにし、自分たちの未熟さと甘さを痛感する一日となりました。今日の反省を明日の学校生活、将来の進路選択に生かしたいと思います。
20170213kigyoukengaku01.jpg

きのこ日記12

カテゴリー: - security-admin @ 11時32分24秒
 ついに完成しました。新居浜工業高校発!科学実験キット第2弾「きのこでタンパク質分解実験」。一年間かけて開発を進めてきた実験キットがこのほど完成しました。今週から、1年生 理科・科学と人間生活における単元「タンパク質」での発展として、この実験キットを使った授業を実施します。
20170213kinoko12.jpg


2017年2月8日(水曜日)

消費者支援講座

カテゴリー: - security-admin @ 16時06分38秒
 本日は、3年生の登校日でした。3年生はショートホームルーム後、武道場で消費者支援講座を受講しました。講座では、愛媛県東予地方局 総務県民課 県民生活係長 源田 裕久 様より「悪徳商法にあわないために」と題して、契約の基礎知識、消費者トラブル(悪質商法・詐欺)、困った時の対処法についてプロジェクタや資料を使い分かりやすく説明していただきました。
20170208syouhisya01.jpg


2017年2月7日(火曜日)

マッチングフェア

 本日5・6時間目を使い、マッチングフェアが開催されました。マッチングフェアとは、ミスマッチによる早期離職防止を図るため、企業や卒業生から直接説明を受けることで、職業や仕事内容、勤務形態等について正しく理解することを目的とするものです。前半は3名の卒業生から、会社概要、社会人になって学んだこと、後輩へのアドバイスなど実体験にもとづいた貴重なお話をいただきました。生徒たちは先輩の話にメモを取りながら、真剣に耳を傾けていました。後半は参加企業24社による企業説明会が実施されました。それぞれの企業の仕事内容や、アピールポイントなど熱心で分かりやすい説明を受け、生徒たちは、今後の進路選択に有益な情報を得ることができました。
20170207matching01.jpg

2017年2月6日(月曜日)

きのこ日記11

 2月2日(木)、松山市で愛媛県産業教育研究大会が行われました。その会の中で、生徒意見・発表会が実施され、本校環境化学部部長の田邉百人君が、「きのこを利用した実験教材の開発」と題し発表しました。内容は、この一年かけて研究・開発を進めてきて完成した教材「きのこでタンパク質分解実験」という実験キットについての発表でした。教材の詳細は今後のきのこ日記で紹介いたします。ちなみに、この教材を使用した実験を1年生の「科学と人間生活」の授業で実施する予定なので楽しみにしていてください。
20170206kinoko11.jpg

2017年2月1日(水曜日)

甘酒づくり(科学と人間生活)

カテゴリー: - security-admin @ 11時08分41秒
 1年生「科学と人間生活」で「食品の化学」を学んでいる様子の第2弾です。電子機械科1年生は、もち米で甘酒をつくることにチャレンジしました。甘酒の甘みは砂糖を加えた甘みではありません。うるち米やもち米のでんぷんを、米こうじに含まれるコウジカビがつくるアミラーゼという酵素で糖化(加水分解)して作った還元糖の甘みです。この昔ながらの製法で2日間に渡って実験を行いました。お粥状に炊いたもち米を約70℃まで冷まし、班ごとに取り分けて、米こうじを混ぜ込みます。実験室の定温器に入れて、温度を60℃に保ち、12時間かけて糖化させ、できあがった甘酒の色・匂い・味を調べました。また、科学的手法でグルコースまたはマルトースができていることを、フェーリング反応で確かめました。米こうじを加えていないものは青色のままですが、完成した甘酒はオレンジ色〜茶色になり、還元糖が生成されていることが分かりました。 
 【参考】甘酒は、江戸時代では夏の風物詩であり、俳句においては夏の季語となっています。「飲む点滴」とも言われ、当時は夏バテを防ぐ意味合いもあったのでしょう。
20170131amazake01.jpg

2017年1月31日(火曜日)

3年学年集会

カテゴリー: - security-admin @ 15時23分08秒
 今日で、3年生の学年末考査が終了しました。明日より、3年生は家庭学習期間に入ります。本日3限目に、3年生全員が体育館に集合し、教頭・生徒課長より家庭学習期間の過ごし方について講話がありました。卒業式までの期間、自己の進路の準備期間として、規則正しい生活に心掛けましょう。
20170131gakunen01.jpg

2017年1月30日(月曜日)

カッテージチーズづくり

カテゴリー: - security-admin02 @ 14時29分08秒
 1年生は、「科学と人間生活」で「食品の化学」を学習しています。機械科1年生は、牛乳から「タンパク質」を取り出すカッテージチーズづくりにチャレンジしました。牛乳に含まれるタンパク質であるカゼインは、酸を加えると凝固する性質をもっています。牛乳を約60℃にあたためておき、レモン汁を加え、スプーンなどでゆっくりかき混ぜます。コーヒーフィルターをセットして少量ずつこすことで、カッテージチーズが得られます。できたものを早速試食しましたが、あまり好印象ではなかったようでした。さらに、追加実験として、生成物の水分をキッチンペーパーなどで包んで充分に水分を取り、自然乾燥させることでカゼインプラスチックの生成を試みています。1週間後の完成が待ち遠しいです。 【参考】本物のカッテージチーズは、脱脂乳を乳酸菌で固めたフレッシュチーズです。
20170130_chizu02.jpg