愛媛県立新居浜工業高等学校のトップ

平成30年度 新工日記

非常変災訓練

 学校において万一火災・地震などが発生した場合、これに伴う人的・物的被害を最小限にとどめることを目的に非常変災訓練が午後の時間帯に実施されました。避難訓練は、全校生徒がグラウンドに集合しました。その後、高層階からの避難訓練・初期消火訓練を行いました。

鹿森ウォーク

 長距離を歩くことにより、体力・精神力を養い、協力や挑戦することの大切さ、歩けることの喜びや自然の雄大さを知ることを目的として鹿森ウォークが実施されました。学校から立川自治会館を経由し学校に帰る行程で、参加者全員が完歩できました。生徒たちは、友だちと励まし合い、和気あいあいと最後まで歩き続けることができました。

主権者教育講演会

 12月11日(火)体育館で主権者教育講演会が行われました。
 NPO法人NEXT CONEXION代表の越智大貴さんをお招きして、「シティズンシップ(主権者意識)を育むトレーニング講座」という演題でご講演頂きました。選挙年齢が18歳に引き下げられ高校生も有権者となりましたが、「政治」といってもどこか難しくて自分とは関係ない世界のように感じてしまいます。今日のお話はそういった主権者としてのネガティブなイメージを変えてくれるきっかけを作ってくれました。「世界」や「国」といった大きなものではなく、自分がいま生きている身近なよのなかから考えていくことが主権者意識を育むうえで大切なことなのだと教えて頂きました。まずは「クラス」や「学校」などの身近なものをより良くすることを考え、その思いを話し合い、実行に移す。そうしたほんとうの経験によって自分自身の主権者意識を育てていってもらえればと思います。

企業見学(電気科)

 12月10日(月)電気科1年生が、愛媛スゴ技企業に選ばれている「株式会社タステム」を企業見学させていただきました。
 タステムでは、アルミサッシや防火扉などの建築関係の金属加工やクレーンの運転室の製造を行っており、レーザー加工機やベンダなどの大きな機械、粉体塗装の仕組みに興味を持って見学をしました。また、社会人と学生の違いについての講義もあり、進路決定後の心構えを学ぶことができました。

後期生徒総会

 本日、放課後に体育館で生徒総会が行われました。
 生徒総会は、①定員確認、②開会宣言、③議長選出、④生徒会会則の変更、⑤前期活動報告、⑥後期生徒会執行委員会承認及び後期活動方針の順に実施されました。

企業見学(情報電子科)

 12月6日(木曜日) 情報電子科科2年生が、おべ工業株式会社と愛媛小林製薬株式会社を見学しました。
 おべ工業株式会社では、クレーンの製造工程を見学させていただき、愛媛小林製薬株式会社では普段私たちが使用している商品の製造工程を見学させていただきました。分野は違いますが、各会社それぞれの特徴があり、大変有意義な時間を過ごすことができました。また、各企業の皆様からいろいろとご親切な対応とわかりやすい説明をしていただきました。貴重な時間をありがとうございました。 

生徒会役員選挙立会演説、選挙

 本日、生徒会役員選挙立会演説、選挙が行われました。
 出席生徒の人数確認後、立候補者の紹介が行われ、応援演説および立候補者の演説が実施されました。選挙管理委員より注意事項の説明があり、その後、各ホームルーム教室で投票が行われました。

インターンシップ発表会(電子機械科)

 12月5日(水)の6・7限に2年電子機械科の生徒たちによるインターンシップ発表会が行われました。
 発表を行う2年生は1人ずつ、1年生の前で8日間(11/6(火)~15(木))の就業体験で学んだことや感じたこと、今後の目標などを発表し伝えました。1年生も真剣に聞き来年の参考になったと思います。

アオノリュウゼツラン

 7月から8月にかけて、本校体育館北側で花を咲かせていたアオノリュウゼツランの状況を報告します。
 花の部分は枯れていますが、まだ、茎の部分はしっかりと立っています。しかし、葉の部分が少し枯れはじめていました。

全校集会

 本日、第2学期の期末考査が終了しました。期末考査終了後、全校集会があり、表彰伝達と生徒課長注意が行われました。
 表彰伝達では、第21回マイコンカーラリー四国大会(電子機械部)第32回愛媛県高等学校総合文化祭(感謝状)の表彰が行われました。【詳細は、リンク先の新工日記を御覧ください。】
 また、試験終了後の生活等について、生徒課長より、お話がありました。